2008年11月07日

福島県旅行

10月24日〜26日、福島県に旅行に行ってきました。

主な目的は、日本城郭協会の定めた日本100名城の内、福島県にある3つのお城を訪れることです。
ついでに会津、喜多方の観光と裏磐梯の紅葉も見てきました。

お城は、詳しくは別記事にいたします。

では、今回の旅行、写真と共にご覧下さい。


一日目 10月24日(金)
朝5時、小田原の自宅をマイカーで出発。
平日なので都心の込み具合が心配だったので、早めにでました。
通勤時間帯と多少ぶつかりましたが、難なく首都高を抜け、東北自動車道へ入りました。
あいにくの雨です。
でも、まあ雨もおつなもんだと思えば、それはそれで楽しめます。
福島旅行16
今日の第一の目的地は、白河の小峰城。平成の築城ブームの先駆けとなったこの城は、木造による伝統工法で再建されたものです。
詳しくは、別記事で載せます。

白河インターで高速を降り、白河小峰城に着いたのは午前10時少し過ぎでした。

お城と、資料を展示している白河集古苑を見学して、次に向かうのは会津西街道の大内宿です。
県道37号白河羽鳥線を西へ進みます。羽鳥湖で国道118号線と合流、さらに西へ山間の道を進みます。
雨も上がってきて、時折さす日差しに紅葉がきらきらと光って非常に美しい光景です。車もあまり通らず道路はほとんど貸しきり状態でした。

福島旅行09ところがところが、大内宿に着いてびっくり。どこから湧いてきたのか、人と車がごっちゃり。駐車場には観光バスまでいます。
観光ガイドブックで今回初めて知った大内宿なのですが、こんなにメジャーだったとは、宣伝の効果というものはや
福島旅行10っぱり凄いものですな。

大内宿は会津と日光を結ぶ会津西街道の宿場町で、江戸時代には参勤交代の大名行列や多くの旅人でにぎわったそうです。
現在も約30軒の茅葺屋根の民家が、
福島旅行11当時のままの姿で軒を連ねていて、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。

ひと通り見学した後、ガイドブックにあった三澤屋で名物・高遠そばを食べました。
福島旅行12実は、大内宿に着いた時、既にお昼を回っていたので、すぐ食べたかったのですが、やはり宣伝効果か、もの凄く込んでいて2時間待ちと言われたので、整理札を貰って、先に見学をすませました。
でも待ったかいがあって、炭火の囲炉裏火鉢の卓で、雰囲気を味わいながら食べることができました。
高遠そばというのは、大根おろしの入ったいわゆる「からみそば」で、会津の殿様保科正之が高遠から持ち込んだものとのことです。
ネギを丸かじりしながら食べるのですが、かなり辛いです。

大内宿を後にして、今夜の宿、熱塩温泉に向かいます。
阿賀川沿いに国道121号線を北上、会津芦ノ牧温泉を通過、明日行く会津若松城を右に見ながら会津若松市街を抜けます。
さらに喜多方市内を通過し、県道333号線に入ってさらに北上、熱塩温泉叶屋に着いたのは、午後6時ごろでした。あたりは既に真っ暗、秋の日は暮れるのがさすがに早いですな。


二日目 10月25日(土)
今日の主な目的は、昨日素通りしてきた、喜多方のラーメンと会津若松城。 ということで朝9時少し前、宿をでました。
福島旅行03
喜多方へ出る前に、会津大仏があるという願成時へ寄りました。
1227年に建立された、木造阿弥陀如来像で金色に輝いていました。


もう一箇所寄ったのが、新宮熊野神社長床です。
喜多方市の新宮熊野神社は、源義家が前九年、後三年の役の時この地に
福島旅行13持ち込んだとのこと。NHK大河ドラマ「炎立つ」を見て以来、奥州藤原氏や阿部氏に興味を持ち、数年前、平泉にも行ってきたコジューローですが、こんな所にも関係していたとは、感じさせられました。
この「長床」は、44本の太い柱が立ち並ぶ壁も窓もない吹き抜けの壮大な建物で、熊野神社本殿の拝殿ともいわれており、修験者の道場として 用いられたとのことです。


福島旅行05蔵の町、喜多方市街に入って先ず行ったのは、モーツァルトを聴かせながら酒造りをしているという小原酒蔵さん。
その名も「蔵粋(クラシック)」。
店内にはズラッとお酒が並んでいます。
試飲もさせて下さるのですが、コジューローは車の為、飲めません。
でも良さそうなのを1本買い求めました。

このお店のはす向かいには、お味噌を作っている蔵店があり、そちらではお醤油を買い求めました。

福島旅行06
次に行ったのは、甲斐本家蔵座敷。
大正時代に建てられた、会津商人の豪邸です。
黒漆喰の重厚な外壁ときらびやかな座敷、木造の螺旋つり階段などなかなか見事です。
当時のままの装飾の応接室は、現在喫茶店として使われながら公開されています。
レトロな気分に浸りながら、コーヒーを
福島旅行07一杯飲みました。

中の写真は撮らなかった(撮れなかった?)ので、写真は外のみです。

そうこうしている内にお昼時間にもなりました。
お待ちかね喜多方ラーメンを食べにいきます。

さて、どこの店に行こうかという事ですが、昔、札幌の札幌ラーメンで失敗したことのある(不味かった!)コジューローとしては、ここは絶対に失敗したくないので、ガイドブックを見て評判の有名店に行くことにしました。昼時ですから多少込んでいたとしても、ここまで来て失敗するよりずっと良いからです。

で、行くことにしたのは「坂内食堂」。
駐車場もあるようなので、車がやっと通れる細い路地を入っていくと、黒山の人だかりです。
 うわ〜〜!みんなここのラーメンを食べに来ているのか〜〜!
駐車場に車をとめる事など、完全に不可能。店の外はもの凄い行列です。あふれかえった人を掻き分けるようにして、車のまま店の前を通り過ぎました。
この店はあきらめました。ですが、この狭い路地からこの車でどうやって抜け出したら良いのでしょう??奥へ入っていくと狭い3差路にでました。でもどの道も進めそうもありません。狭い3差路で苦心して方向転換し、どこをどう通ったのか、やっとの思いで大通りに出ました。

気を取り直して、次の店へ。こうなったら有名店を片っ端から回って、何が何でも旨いラーメンを食ってやると心に決めました。

次に目指すは、老舗中の老舗「源来軒」。
どうせダメだろうと思いきや、人の出入りはあるものの店の前に行列はありません。
やった!ラッキー!ここは駐車場も広いし、ここで食べられそうだ。
と駐車場へ回ってみると、が〜ん!車が駐車場の出入りでごった返しています。しかも駐車場の前の道路が工事中で、道路を右折で入ろうとしたコジューロー、にっちもさっちもいかない状態に陥りました。工事の交通整理のおっさんも、大汗かいててんてこ舞いです。このおっさんに促されて、コジューローは道路向かいの美容院の駐車場へ入れてしまいました。
う〜ん、美容院の方すみません。でも美容院の駐車場まだ空きスペースがありましたし、美容院店内のようすから、大丈夫そうに見えたので、ごめんなさい置かせてもらいました。

「源来軒」店内に入ろうとすると、バイク軍団が大勢到着。危ないところでした。この人たちの後になったら、また大変でした。
店内に入ると1階のテーブルは満員。店員さんに靴を持って2階に上がれと言われ、そうすると、2階に靴置き場があり、座敷に丸テーブルがズラーと並んでいます。もちろんお客も一杯です。なんとか座ることは出来ましたが、相当待たされるであろうと覚悟しました。
でも程なく、注文を取りにきて、思ったほど待つこともなくラーメンと餃子にありつくことが出来ました。
見た目ふつ〜〜の醤油ラーメンと大きな餃子でした。
(写真撮り忘れました。御免!)
でも大変美味しくて、食べた後の後味が、すこぶる良好でした。

お店を出て、会津若松へ向かいます。

途中、勝常寺というお寺に立ち寄りました。
このお寺、田舎の村のよくある、古ぼけたなんの変哲もないお寺に見えるのですが、平安時代の初め、法相宗の碩学徳一上人によって開かれた由緒正しい東北を代表するお寺なのです。
弘法大師の指示により徳一上人が彫ったといわれる薬師如来像をはじめ、国宝、重量文化財の仏像が多数保管されています。

駐車場もなく、どこへ車をとめたら良いかわからなかったので、隣の空き地にとめてお寺の方に行こうとしたら、お寺の人が出てきて、参拝ならそこはよその地所なので車は山門の前にとめるよう言われました。
山門と言っても、そんな大層なものではありません。
参拝客だって1人もいません。
門の内側にぽつんと受付を兼ねた売店があるのみです。
仏像を参拝するかと聞かれ、はいと答えると、ガイドを呼ぶので少し待つように言われました。外見からは本当にそんなに大層な事なのか?ちょっと違和感を感じました。
すると、他の団体の参拝客も到着し、ガイドのおばちゃんも現れて、その方達と一緒に案内されることになりました。

本堂は後でということで、先に蔵へ案内されました。ガイドのおばちゃんが、蔵の南京錠を開け、中に通されました。
 圧巻です! そこに置かれた仏像群。
説明を聞きながら拝観することしばし。

次は本堂です。蔵の外に出ると、また別の団体も着ていました。門のそとの狭い道に、なんと観光バスまでとまっています。

本堂の中は真っ暗。火災予防のため電気は入れないとのこと。しばらくは座って目を慣らします。その間ガイドさんは、くら〜い懐中電灯で薬師様を照らしながら説明してくれました。

う〜ん!こんな所に、こんな凄いものがあるとは!
勝常寺。仏像に興味のある方は必見です。

写真はもちろん撮れませんでしたのでありません。
でも、外だけでも撮っておけば良かった。
お寺の外見と、中の仏像のギャップは、驚きです。

文ばかり長くなりました。
いよいよ今日のメイン、会津若松城へ行きます。

福島旅行04会津若松城、別名「鶴ヶ城」です。

実はこのお城、コジューローの最も好きなお城で、今回で3度目の登城になります。
このお城についても、また別記事でUPしますね。

天守閣内の郷土博物館と、同じ敷地内にある茶室燐閣を見学し終わった頃、日が暮れてきました。
ライトアップされるお城を後に、今日の
福島旅行01泊まり、ホテル大阪屋に向かいます。

ホテル大阪屋は七日町通りにあります。
荷物を部屋に置いて、早速散策に出かけました。
ですが既に日はとっぷりと暮れ、開いているお店もまばらです。
七日町駅まで歩き、引き返す頃には、ほとんどの店が閉まってしまいました。
仕方がないので、夕食はホテルに隣接された居酒屋でとる事にしました。でもこれが、料理もお酒もなかなか美味しかったのですよ。


三日目 10月26日(日)
朝8時半、ホテルを出て飯盛山へ向かいます。

福島旅行02途中でガソリンを入れ、スタンドのおじさんに「さざえ堂」へ行く道を聞き、細い脇道を登って行きました。どうやら地元の方が使う道のようで、お陰ですぐ近くまで車で行くことが出来ました。

←さざえ堂
入って上まであがって降りてくるまで一本道、二重螺旋構造の世界的にも珍しい建物です。
白虎隊の墓所は、以前に来た時と大分変った感じでした。もっとも前に来たのは30年以上も前の事ですから、当然かも知れません。

飯盛山を後にして、裏磐梯へ向かいます。

磐梯山の山裾を抜ける、磐梯山ゴールドラインを走ります。
途中、絶景ポイントが数ヶ所。猪苗代湖が美しく見える所だったらしいのですが、めんどくさがりのコジューローは、車を停めることもせず走り続けました。
紅葉のトンネルは感動的な美しさです。
コジューローは今まで、紅葉狩りなどほとんど興味がなかったのですが、そうか、こういう景観なんだな、うん、来て良かった!

裏磐梯に入り、国道459号線を東に向かいます。
目指すは五色沼の一つ、毘沙門沼。

毘沙門沼への入り口近くまで来たところで、車がごっちゃり。交通整理のパトカーが、奥の駐車場へ入ることは困難です、とふれています。
仕方がないので、反対側にある裏磐梯ロイヤルホテルの駐車場へ車を入れ、そこから歩いて行くことにしました。

福島旅行08五色沼は高校の修学旅行で来て以来、あの時も毘沙門沼でボートに乗りました。
で、今回もボートに乗りました。岸辺は観光客でごった返しているので、水の上の方が落ち着きます。

←毘沙門沼から磐梯山


湖畔から駐車場まで、ほんとすごい人です。露天で地酒を売っていたので、良さそうなのを買いました。帰ってから楽しみです。

ロイヤルホテルに戻って来たのが、11時半ごろ。
ここで昼食をとってから出ることにしました。
12時を過ぎるとレストランも混んでくるので、この時間、ホテルでランチを頂くには丁度良い時間です。

459号線を少し戻り、磐梯吾妻レークラインを走ります。再び国道459号線(115号線でもあるらしい。この辺で少し迷いました。)に合流しさらに東へ、安達太良山を土湯トンネルで抜けて、二本松へ向かいます。
途中、道の駅「つちゆ」でしばし休憩、目指すは今回の旅行3つ目のお城「二本松城」です。

福島旅行15今の期間、二本松では有名な菊人形展が開かれています。二本松はさぞ混雑しているだろうなと思ったのですが、市街に入ってもお祭りの雰囲気はありませんでした。
良かったと思う反面、ちょっと淋しい気もします。
二本松市歴史資料館に立ち寄ってから、二本松城へ向かいました。
ここが、菊人形展の会場になっていま
福島旅行14す。
二本松城は山城で、ふもとの会場からずっと奥の山のてっぺんに、本丸があります。
詳しくは例によって別記事にて紹介しますね。

菊人形展を見ようとは思っていなかったのですが、たまたま機会がかち合って、こちらも見学することが出来ました。

本丸の山から下りてきたら、もう日が暮れかかっています。
近くの喫茶店で、少し休憩して帰路に付きました。

小田原に着いたのは、ほぼ夜の12時。
今回もお陰さまで楽しい旅行が出来ました。
ことに紅葉は大変感動しました。
秋の旅行も癖になりそうです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気