2009年05月09日

GW旅行 琵琶湖 城めぐりの旅

一週間ぶりのプログUPです。
この間にゴールデンウィークも終わりました。
コジューローの日記ごひいきの読者の方は、コジューローはどうせまた旅行にでも行ったんだろう、とお思いになられたかも知れません。
 ♪★ 正解です。
5月3日、4日、5日と、大渋滞を覚悟で琵琶湖へ行ってきました。
 なぜ琵琶湖なのか? 理由は二つありました。
09GW旅行00安土城 一つはETC特別割引、都心を除きどこまで行っても1000円。コジューローの住む小田原からですと当然西へ向かうことになります。もう一つはお城。日本城郭協会認定の日本100名城のスタンプ帳を手にして以来、旅行というと、お城を絡ませるのが当然のようになりました。滋賀県、琵琶湖の周りには、この100名城の内、4つのお城があるのです。
 ということで、GW琵琶湖城めぐり旅
     ↑安土城          のご報告です。
                     

 3日午前3時、小田原の自宅をマイカーで出発しました。
 最初の目的地は、浅井長政の居城小谷城です。小谷城は戦国の本格的山城ですから本丸は山の上、車で行くことはできません。先ずはふもとにある小谷城戦国資料館にカーナビを設定し、そちらを目指します。
 到着予定時刻は午前9時半。流石に車の量は多いですが、停止してしまうような渋滞はなく、このまま行けば予定時刻にそう狂いもなく着けそうだと思っていたら、やはりありました、事故渋滞です。自然渋滞は覚悟の上ですので仕方がありませんが、事故渋滞はやっぱりう〜ん!ですね。渋滞の中では追突事故が起きやすいので、これもまた仕方のない事かも知れませんが‥。
 養老SAで朝食にきしめんを食べました。以前、守山PAでひどいみそカツを食べた事がありましたが、ここのきしめんは美味しく頂けました。(忘れていたけど思い出しました。守山PAは二度と入りたくありません。)
 小谷城戦国資料館に着いたのは、予定時刻を大幅にオーバーして正午を回っていました。見学した後、ここで城跡へ登るルートを教わり、小谷城へ登ります。 GWとあって普段よりも訪れる人が多いため、登山口から車の入れる途中までシャトルバスが出ていました。
09GW旅行01小谷城跡より竹生島 小谷城については、例によって別記事にさせて頂きますが、さすが戦国の山城、登っても登っても、本丸を過ぎてもさらに奥があり、最終の頂上が見えたところでこれは今日そこまで行くのは無理と結論がでて、山を下ることにしました。
   ↑小谷城から見る琵琶湖。竹生島が見えます。

 小谷城の後は長浜から竹生島へ渡る予定でしたが、時間が無くなってしまったので、逆に時間があったら行くことにしていた渡岸寺観音堂へ行きました。高月の向源寺というお寺にあるのですが、行って見ると向源寺と渡岸寺は直ぐ近くではありますが別のお寺です。向源寺が渡岸寺を管理しているのかも知れない、とその時は思ったのですが、渡岸寺というのは寺名ではなく地名なのだという事が帰ってからわりました。ここで頂いたパンフレットに高月町大字渡岸寺とあります。その昔に渡岸寺というお寺があったかどうか知りませんが、今はお寺は向源寺という事ですね。
09GW旅行02渡岸寺観音堂
←渡岸寺観音堂

 ここには国宝の十一面観音像があります。飛鳥時代より数々の厄災を時に土中に埋蔵されるなどして逃れ、今に残る観音像です。大変優美なお姿をしています。光背は無く後ろに回って見ることができます。コジューローは後姿にみとれてしまいました。

09GW旅行03富田酒造 次に向かったのは高月の隣町、木之本の冨田酒造です。このお宅、その昔北近江を治めていた近江源氏、佐々木京極氏の子孫で、天文2年(1533)以来の由緒正しい造り酒屋です。七本槍大吟醸というお酒を1本買い求めました。
←冨田酒造の店先

 一日目の宿は、長浜ロイヤルホテル。長浜港の直ぐ近く、湖畔、温泉露天風呂もあるなかなか良いホテルです。この長浜港から竹生島へ渡るはずでしたが、着いたのはもう夕方でした。
09GW旅行04長浜城 ホテルを挟んで長浜港と反対側すぐ隣りが豊公園で、ここに長浜城があります。
長浜城
チェックインをすませ、湖畔を歩いて長浜城へと行きましたが日も暮れかかった時刻、当然中へは入れません。
09GW旅行05長浜黒壁スクエア中は歴史博物館になっています。
残念!
 長浜黒壁スクエアへと足を進めます。
←黒壁スクエアのメイン通り(たぶん)
 時刻は午後6時を少し回りました。ほとんどのお店が6時で閉店します。でもお客が多い為かまだ開いています。黒壁ガラス館をのぞいて見ました。しばらくするとお客も少なくなり、店員さんも店じまいの様子です。閉店時刻はとっくに過ぎていましたが、閉店ですと言われることも無く、最後のお客が出て行くまで気持ちよく楽しく見させて頂きました。
 夕食は、ビアレストラン「長浜浪漫ビール」。4種の地ビールの内、人気NO.1という地ビール(名前は忘れました)を最初に飲みましたが、少し癖のある感じでした。2杯目は別の地ビールにしましたが、そちらの方が美味しかったです。(それも名前は忘れました。)

 一夜明けて4日、二日目は彦根、安土、近江八幡へと向かいます。
 朝のホテルの食事はバイキング。美味しいのですがコジューローは朝は食べない生活なので、あまり食べられません。いやきっと食べれば食べられるし、その気で食べ始めれば食いしん坊のコジューローです、おなか一杯食べてしまうことも出来ちゃうのです。でもせっかく朝は食べなくても大丈夫な身体にしてあるのに、旅行だからと言って朝から食べてしまったら、ただでさえカロリーオーバーで肥満体のコジューローが、さらにさらに‥、‥この辺でやめておきましょう。
 でもまあ少しだけ頂いて、その日をスタートさせました。

  ↓彦根城天守と入城の列
09GW旅行06彦根城 大混雑が予想された彦根城ですが、朝9時に到着したこともあって、混雑のピークに遭遇せずにすみました。それでも天守閣への入場は40分待ち、本丸は天守への長蛇の列ができていました。
「井伊直弼と開国100年祭」で今年の彦根城は普段見れない色々なところが特別公開されています。
 彦根城については、例によってまた別記事とさせて下さい。

 彦根城を一通り見て後、京橋を渡って場外に出て、夢京橋キャッスルロードへと向かいます。この京橋へ向かう大手前で、今度は人ならぬ車の長蛇の列。コジューローは苦も無く城内の駐車場へ車を停めることが出来たのですが、この時間(11時半ごろ)その駐車場へ向かう車が大行列を作っていました。
09GW旅行07夢京橋キャッスルロード←夢京橋キャッスルロード
 キャッスルロードとは洋風なシャレた名前と思いましたが、何の事はありません。日本語にすれば「お城通り」ですから城下町ではどこにでもあります。
おそらくどこにでもある「お城通り」とは違う「お城通り」なんだ、という事が言い
09GW旅行08夢京橋キャッスルロードたくて、あえてカタカナにしたのでしょう。そうこの景観はどこにでもあるものではありません。お城あっての観光都市、彦根の皆さんの協力と思いがあってこその美しい町並みが、私たちを迎え、楽しませてくれます。
←あゆの店「きむら」

 という事で、昼食はこの通りにあります「きむら」で鮎雑炊を頂きました。
大変美味しかったですよ〜。
 夢京橋キャッスルロードの一角にある四番町スクエア(大正洋風建築を再現した一角)も見て、彦根を後にします。

 次に向かうは、あの織田信長の居城「安土城」跡です。
 彦根から近江八幡へ向かう途中、JR安土駅の少し手前に安土城跡の入口があります。
 ガイドブックには駐車場無料とありましたが、しっかり500円取られました。連休の観光客を見越しての臨時駐車場なのかも知れませんが、駐車場の人に外堀めぐりの船に乗ったら500円返しますと言われました。何かのイベントでしょうか、意味不明です。船遊びの時間は無いので城跡へと向かいます。途中道端にテーブルが出ていてパンフレットなどを売っています。連休の観光客目当ての特設であることは見え見えです。確かに沢山の人、観光客がいます。でもこのやり方には違和感を感じました。
09GW旅行09安土城跡入口←安土城跡入口
 と言うよりも、ここは安土山山麓にある宛寺の入口です。特別史跡の安土城跡を含む安土山全体が、この宛寺のものらしいのです。この入口の受付で入場料千円(だったかな?)、お寺に行かず城跡見物だけなら500円と
09GW旅行10安土城郭資料館言われました。あれ?また? 実はコジューローここも無料と思っていました。ガイドブックには500円とちゃんと書いてありますので思い違いです。まあ500円を払って入りました。石段を本丸天主跡めざして登ります。
 はい、ここから先は例によって別記事としますので、UPまでしばらくお待ち下さい。
←安土城天主模型 1/20
  (安土町城郭資料館)
 さて、安土城跡見学の後は、安土駅前にある安土町城郭資料館、そして文芸の郷にある安土城天主信長の館、それから観音寺城の100名城スタンプの置いてある石寺楽市会館、観音寺城跡の入口にある観音正寺、そして観音寺城跡と行く予定でした。まあ観音正寺と観音寺城跡は行けたらですが、スタンプだけはゲットしようと思っていました。
 ところが時刻は既に午後4時を回っています。そして悪いことに、安土城の100名城スタンプを安土城跡の受付で押すのを忘れていました。安土城のスタンプは信長の館にもあるのでそこで押せば良いのですが、問題は時間です。石寺楽市会館が4時半まで、安土町城郭資料館及び信長の館が5時まで、いや信長の館は4時半と書いてあるのもあります。(どっちじゃ?汗)
 兎に角、時間のあぶない石寺楽市会館に先に行き、観音寺城のスタンプをゲットすることにしました。
 着いてみると、がら〜んとしたさびれた様な市場におばちゃんが1人。観音寺城のスタンプと聞くと、あそこだよって広い部屋の隅を指差しました。スタンプを押して外に出ると、観音寺城への案内板や観音正寺へのタクシー乗り場など、‥実は、この観音寺城、日本100名城に指定されてはいるものの、どうやって行ったらよいのやら、小田原の自宅でガイドブックやインターネットで調べてみても、よくわからなかったのです。現地へ来てようやく行けそうな気になりました。でも今回は時間が既にありません。後ろ髪ひかれつつも安土へと戻り、信長の館へ向かいます。
 安土城天主信長の館に着いて、先ずは100名城スタンプゲット。ほっとして見学に入ります。豪華絢爛、セビリア万博に出展した安土城天主5,6階部分の原寸大模型が展示されています。でかすぎて近すぎて外観イメージが掴めません。時間はというと5時10分前。今からでも直ぐに行けば安土町城郭資料館にぎりぎりは入れるかも知れません。
 という事で、JR安土駅前にある安土町城郭資料館へと急ぎ向かいました。  ぎりぎりセーフ!
 ここには上の写真の安土城天主1/20の模型があります。これがなかなか良かった。この模型、真ん中から二つに割れて城の中が見れます。細部まで大変細かく作り込まれていて一見の価値ありです。今回記事の最初にあります安土城の写真もこの模型の写真で、バックの空は後でコジューローが入れました。(実はスペインの空です。) 安土城は別記事でと先に書きましたが、信長の館とこの模型についても詳しくはそちらに書こうと思います。
 また、観音寺城も別記事にしたいと思います。
 (城跡そのものに行ってないけど‥) 

 という事で、城めぐり珍道中を終え、へとへとになって二日目の宿、近江八幡駅の直ぐ近く、ホテルニューオウミにチェックインしました。
 この日の夕食は期待の近江牛です。へとへとだったのでホテルで食べるのもありと思ったのですが、既に近江牛ディナーは予約満杯。仕方なく町へ出ました。
 ホテル近くのガイドブックにも載っていたティファニーというお店で待つこと1時間半。実は待つのも嫌だったので予約の電話を入れたのですが、この日は近江牛の有名店はみな予約を受け付けません。(みなというのは正確ではありませんが、毛利志満とティファニーは予約受付なしでした。)行って待つしかないのです。
 でも待った甲斐がありました。そりゃあんたベラボウに旨いのなんのって、美味しかった〜!のですよ。うんこれだけの美味しい思いは、岡山のサワラ以来かなあ。あれから色々美味しいものも食べたけど、感動はあの時以来のものですな。

 さらに一夜明けて三日目、5月5日です。
 この日の予定は、近江八幡観光と帰宅。どうせ大渋滞の中を帰るのだから、何時になっても同じだろうとの考えで、とりあえず夕方4時までは遊んで、それから帰るという事にしました。
                       という事で、先ずは水郷めぐりです。
  ↓近江商人屋敷の町並み  舟乗り場まで歩いて行くことにしました。
09GW旅行11近江八幡 連日の城山めぐりで足はかなり疲労が来ています。でも歩きました。車と荷物はホテルに預けてきました。車で行けば舟乗り場や八幡山付近で渋滞に巻き込まれることが目に見えています。それに、歩けば目的地に着くまでの道程にも、楽しみが出てきます。
09GW旅行12近江八幡水郷めぐり 水郷めぐりの舟は4社ありますが、風情のある手漕ぎ舟に乗ることにしました。ガイドブックには10:00及び15:00に出航とありましたが、この連休中は増発されて随時出ているようです。30分前より受付とあったので9:30ごろに行ったのですが、受付を済ませて程な
09GW旅行13近江八幡水郷めぐりく1番舟に乗り出航しました。ですが、さらに程なく写真の舟とすれ違いましたので、1番舟ではなかったようです。連休中は船頭さん大繁盛ですなあ。
 水面を渡る風が大変心地よく、野鳥や蛙の声にとても癒されながら、のんびりとゆったりと時が過ぎていきます。こりゃあいいもんだなあ‥。水郷の広い所に出ると、昨日行った安土山や行きそびれた観音寺山も見えます。船頭さんの説明でこの辺の地理も少々明るくなりました。
                      水郷めぐりの次は、ロープウェイで八
 ↓八幡山より琵琶湖を見る    幡山に登りました。ここは豊臣秀次が
09GW旅行14近江八幡山より築いた八幡城跡です。山頂にはいたる所に石垣が残り、郭跡も残っています。残念ながら日本100名城には選ばれていませんが、調べてみれば興味深い城跡のなのかも知れません。流石にコジューローも二日間の城山歩きがこたえているようで、石段の昇り降りが辛く感じます。城の縄張りまで頭がまわりません。

 近江八幡では、滋賀新堀ギター音楽院のK先生とお会いすることが出来ました。
昼食は先生一家と八幡堀にあるティースペース茶楽でとりました。GWの大混雑の中でも空いていて美味しく食べられる穴場です。中心地からちょっと離れていますが、八幡堀の岸辺を八幡堀を見ながら歩いて行けば、さほど遠くない所です。
 日牟禮ヴィレッジクラブハリエのバームクーヘンは大人気ですごい行列でとても買えなかったのですが、市内にある本店の場所を教えて頂き、そちらで無事買い求めることができました。 ありがとうございます。
09GW旅行15近江牛ティファニー
←近江牛ティファニー
 ホテルに戻る途中、昨日行った近江牛の店ティファニーの前を通りました。時刻は午後2時半くらいだったでしょうか、既に待合室からはみ出して外で待っている人もいます。この店も大繁盛です。

 ホテルで荷物を受取り車に積み込みました。まだ時間があるようなので、ガイドブックを見て気になっていた、東近江の永源寺そばを食べに行くことにしました。 実は前の日、これも時間があったら、このそばを食べに行き、永源寺温泉八風の湯へつかろうと思っていたのです。 時間があるのなら観音寺城へ、との考えも浮かびましたが、雨も降ってきたし山の上はやめることにしました。
 永源寺そばは期待にたがわず美味しかったです。温泉はやめにしました。これから大渋滞の中を帰ります。何時間かかるか知れません。

 小田原の家に帰り着いたのは、午前2時近かったと思います。いや〜流石に疲れました。でも高速道路が往復で2000円、ガソリンも一万円かかりませんでした。
 竹生島に渡れなかったことと、観音寺城に行けなかったことが心残りですが、またの機会もあるでしょう。 充実した良い旅行でした。

いや〜大変長い記事になってしましました。
何回かに分けてもよかったかも知れません。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気