2010年05月08日

足尾銅山に緑を植える

5月7日 足尾植樹の下見

今年のGW、どこにも出かけなかったコジューローですが、7日(金)、姉Jに運転手に雇われて「足尾」に行って来ました。

 有名な足尾銅山は、江戸時代初期から戦後の昭和48年の閉山まで、沢山の銅を採掘してきた日本一の銅山でした。反面、足尾鉱毒事件に見られるよう、公害の山としてのイメージも一般に定着していますね。
足尾砂防堰堤 まあそれらについては、ウィキペディアへのリンクを貼っておきましたで、興味のある方はそちらで勉強してみて下さい。
 今回のテーマは、その公害で禿山になった足尾の山々に緑を植えよう、という事です。
                        

 事の起こりは、某外資系企業が日本国内における社会貢献活動として植樹を行う、と決めたことによります。いや、ちょっと大袈裟な言い方になりました。事の起こりというのは、コジューローがこのことに加担することになったきっかけは、ということで、もっと平たく言えば、何故コジューローが足尾に行ったか、ということであります。
 実はこの植樹、その企業に勤め、総務課的な仕事をしているコジューローの姉Jが言い出した事のようで、それが来る5月15日に実施することになったそうで、責任者としてその下見に姉Jが行くことになったのです。
「おまえ、お小遣いやるから、足尾まで車出しなさい!」「へい!」ってな感じで7日、姉Jと足尾に行ってきたということです。

 「NPO法人 足尾に緑を育てる会」というのがあります。足尾の植樹事業は、国土交通省とこの足尾に緑を育てる会の2本立てで行っているようで、体験植樹についてもこの二つで受け付けているようです。姉Jの会社は「足尾に緑を育てる会」へ申し込みました。こちらの会は個人や少人数でも受け付けてくれるとのことです。(すると国交省では、そうは行かないという事でしょうか・・)

 早朝、小田原を出たときは曇り空でしたが、東北自動車道佐野サービスエリアを過ぎたあたりで雨が降ってきました。結構激しい雨です。これは山に入るのに厳しいなあと思いましたが、宇都宮から日光道路へ入ってからは普通の降り方になりました。まあこれなら何とかなりそうだ、って感じです。
 知らなかったんですが、足尾は日光に近いんです。足尾から北へ山一つのところに中禅寺湖があります。日光から車で入るのが簡単です。日光道路を終点清滝ICで降り、国道120号線をいろは坂方面に少し走って、国道122号線に左折します。やや長い日足トンネルを抜けると、もう足尾の神子内(みこうち)エリアです。122号線を神子内川沿いに下っていくと、田元交差点に出ました。ここを真直ぐ行けば、足尾銅山観光のある通洞方面。V字型に右折して間藤、松木方面へ向かいます。めざすは大畑沢緑の砂防ゾーンのパーキングです。
 渡良瀬渓谷鉄道「間藤駅」を右に見て通過(実は駅を見落としています。帰りに発見して立ち寄りました。)。黒く迫力すら感ずる備前楯山(この山が足尾銅山で、この山の地下には、総延長1234Km(およそ東京博多間に相当)もの坑道が、アリの巣、いやハチの巣のように掘られています。)が間近に見えます。廃線となっている線路を横切り、渡良瀬川(渓谷)沿いにさらに進むと、製錬所の大煙突が現われました。ここもかなりの迫力です。前方に砂防ダムが見えてきました。(最初の写真)と、右側に駐車場、ここが大畑沢緑の砂防ゾーンです。

 今回の植樹予定地は、さらに先、堰堤(ダム)の向こうらしいのですが、途中ゲートがあり一般車は通行できないので、ここまできたら係りの人に電話するという手筈です。車を駐車場に入れ、約束の時間よりかなり早いので、少しあたりを見たりして時間を調整することにしました。
 雨は小降りになっています。駐車場には車が1台とまっていました。「緑を育てる会」のトラックです。荷台には苗木でしょうか、一杯積まれています。駐車場の奥には小屋があって、男の人が二人くらい仕事をしていました。
 駐車場の周囲には、屋根型の立て看板がいくつもあり、みると植樹をした人たちのネームが沢山書かれています。この周囲もみな植樹をしたところなのでしょう。よく見ると小さなプラカード形の杭が、小さな木の周りにたくさん打たれています。●●小学校6年というような字も書かれているよう
大畑沢緑の砂防ゾーンです。
 小さな展望台があるので上ってみました。備前楯山はやはり黒く凄みがあります。天候のせいもあって雲がかかりいっそう凄くみえます。周囲の山は、大きな木はないようですが、禿山とは言えない感じです。来る途中、桜の木もみました。基を知らないコジューローですが、植樹の効果なんだろうかなと感じました。

 そろそろ良いだろうという時刻になって、姉Jが携帯で電話をしました。ちなみにコジューローの携帯は圏外でした。
 な〜〜んだ!、電話の相手はこの先の砂防ダム近くにある「足尾環境学習センター」の事務所にいる方なんでしょうが、実際の担当者はここ大畑沢緑の砂防ゾーンにいる方だと言うではありませんか。要するに先ほど見かけた人たちが会うべき人本人であるということなのです。あ〜あ、ウロチョロしているところを見られてしまった(汗)。まっいいか!
 姉Jと小屋の方へ歩いていき、声を掛けました。

 応対してくれたのは、「足尾に緑を育てる会」のAさん。かなりの年配に感じましたが、もしかするとコジューローたちと大して変らないかも知れません。明るく大変感じの良い方で、おっしゃることも大変分かりやすく、親切に応対して下さいました。
 早速、植樹予定地の視察へ出発です。先ほどのトラックにAさん、姉Jを乗せたコジューローの車が続きます。砂防堰堤を過ぎて少し行った所に例のゲートがあります。Aさんが開けて、コジューロー車を通した後自分も通ってゲートを閉めました。
 砂防堰堤は3つの沢の合流地点にあり、ここから一番東の久蔵沢に沿
今回の植樹予定地(久蔵沢東側)って上ります。程なく広く整備された所にでました。ここに車を止めて降りると、正面の山が今回の植樹予定地です。
(写真参照)

 Aさんからは、いろんな話を聞くことができました。一つ一つが興味深いのですが、全部書くとなかなか終われそうにありませんので、その中から一つだけお話しします。
 Aさんが子供の頃は、このあたりは見渡す限りの禿山で、草木は1本も生えていなかったと言います。煙害は高度が関係するそうで、あるところ以上には木も残っていたということで、Aさん曰く禿山のてっぺんにチョロンチョロンという表現をされていました。遠足の時に、道端で草の1本でも
製錬所大煙突見つければ、それこそ珍しいという状態だったそうです。

 大人になって、せめて花見くらいしたいという事で、仲間と桜を植えたそうですが、すぐに枯れてしまったとのこと。どうしてだろう?と、大学の先生に調査してもらったところ、地質が強酸性でこれでは草も何も生えるはずがない、ってことでした。地質を変えるしかないと、とんでも無いことを冗談のように言われたそうです。Aさんたちは花見がしたい一心で、何とか方法がないかと教えを乞うたところ、それなら良い土を持って来てそこに植えなさい、と教えてくれたそうです。そして、そこまでやれるのなら、あなたたち本当に花見が出来るだけで満足なのか? 本当はこの山を緑にしたいんじゃな
備前楯山(間藤駅より)いのかい? と諭され、仲間たちとその方向で進み始めたのが・・、と話してくれました。
 きっかけは何であれ、今では国も乗り出し、当初全くのボランティアだったAさんたちもNPO法人となって、現在も植
樹が進められています。感動もので
間藤駅す!

 さて、植樹の下見もできたし、担当のAさんとも直接話しができて、一番の目的は無事終了できました。時間に少々余裕ができたので、コジューローが出来れば見ておきたいと思っていた「足
間藤駅を出る電車尾銅山観光」を見学に行くことにしました。ゲートで見送ってくれたAさんと別れ、渡良瀬川沿いに通洞方面へと下ります。途中、印象的な製錬所の煙突をパチリ。間藤駅では丁度電車が来ていたので、ちょいと寄ってパチリ。また、間藤駅から正面の迫力ある備前楯山をパチリ。

足尾銅山観光入口と展示人形 「足尾銅山観光」は、足尾銅山のメイン坑口の一つ、通洞口からトロッコ電車で坑内に入り坑道内を歩いて見学できる観光施設です。坑道内には、江戸時代、明治大正時代、昭和時代と当時の坑内作業風景を、実物大ロウ人形(だと思う)を使ってかなり生々しく再現展示されています。また、坑内にある「源さんの探検シアター」という小シアターでは鉱山の発掘の様子を易しく解説しています。その外、削岩機体験コーナーや展示室など、結構見ごたえのある施設です。
足尾銅山マップ 連休明け(まだ連休中の人もいたと思いますが)しかも雨の日の金曜日とあって、がら透きで、トロッコ電車に乗ったのはコジューローたちを含めて4人だけでした。かなり寂しい坑道探検になりましたが、シアターで解説を見ていたとき、後方から大勢の子供達の声が聞こえてきました。どうやら小学校の遠足のようです。あっという間に追いつかれて、非常ににぎやかになりました。いや、にぎやかなんてもんじゃない、うるさい!ふ〜。でもその子たちを見ていると、結構すなおに展示に反応したり感動したりしています。今の子供達もそうすてたもんではないな、とほほえましくも感じました。

 帰路、宇都宮で、うわさの宇都宮餃子を食べました。ガイドブックに載っている結構有名なんだろうと思われる店に入ったのですが、期待が大きかったせいもあると思いますが、ちょっと物足りなさを感じました。まあ値段も安かったので、その店はそんなもんなのかなと思いました。ややくやしいので高速道路のサービスエリヤで高級冷凍宇都宮餃子を買って帰りました。こちらの方が期待できるかも知れません。

 以上、例によって長くなりましたが、足尾銅山と植樹下見の日帰り旅、宇都宮餃子の落ちもついて、全巻の終了であります。

 ご清聴ありがとうございました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。