2010年07月01日

失敗しないレーシック手術

レーシックについては、このブログでも何回か前に書きましたので、もうご存知かと思います。そう、手術で近視を治すという方法ですね。裸眼視力が回復する為、わずらわしいメガネやコンタクトとおさらば出来ます。
でも手術というと、失敗したらというリスクがどうしてもついて回りますね。今回はレーシック 手術のリスクと現状についてです。 

1969年、ロシアのフィヨドロフ博士によって開発された近視手術は、1970年代には実用化され、全世界へと瞬く間に広がりました。手術で近視が治るという待ち望まれた画期的な出来事だったんですね。
でも実は、フィヨドロフ博士よりも20年も前に、日本の佐藤勉教授が、手術による視力矯正を行う方法を考案しています。フィヨドロフ博士の手術法は、この佐藤教授の方法を基礎として完成されたものなのです。

ではなぜ、日本ではこの手術が普及していないのでしょうか。
お察しの通り、またご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、佐藤教授の手がけた患者さんの中の2割の方に、手術後の後遺症が出てしまったんですね。その為、日本眼科学会が近視手術を長い間受け入れなかったということなのです。
失敗の原因は、内皮まで傷つけてしまったということが判明しています。現代の発達した機器と技術なら、まずありえないミスのようですね。

こういった事から、世界でもっとも進んでいたはずの日本の近視手術が、現在世界で当たり前に行われているにも係わらず、普及が遅れてしまったのです。

訳知り顔で書いてきましたが、これらの事はあるサイトより得た情報です。
その名も「レーシック手術で失敗しないぞ〜」というユニークな名称のサイトです。
世界に比べて広まっていない日本のレーシック手術を、今の手術はこんなに安全で良いものですよ〜と呼びかける気持ちが伝わってきます。
こういうサイトですから、レーシック 失敗については、特に詳しく載っているようです。

レーシック手術をお考えの方のみならず、一般の全ての日本人に、近視手術、レーシック手術についての正しい知識を得て頂きたいなあと、コジューローも思います。

レーシック手術で失敗しないぞ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。