2010年08月27日

静岡日帰り城めぐりの旅

7月23日(金)
 ブログに上げたい案件がたまる一方ですと以前に書きましたが、過去のものから順に書いていこうとしていましたら、全然追いつかない状態になってしまいました。そこで、逆に最近のものから書いていって、過去に遡ることにしましました。全てが古い情報よりも、時折でも新しい情報があった方が良いでしょうからね。
 という事で、今回は先日、といっても既に1ヶ月経ってしまいましたが、行ってきました「静岡日帰り城めぐりの旅」をUPします。
100723静岡日帰り旅行02〔駿府城〕 7月23日、駿府城と掛川城に行ってきました。お城についての詳しい内容は、また別の記事にするつもりですが(お城記事もたまっています)、ここではその時の日帰り旅行の模様をお伝えします。


 平日とあってか、朝、車で自宅を出てから、夜、帰宅するまで、一度も渋滞に遭遇する事無く、非常に快適なドライブをすることができました。
 それにしても暑い!今年の夏は本当に暑いです。天気が良いのは良かったのですが、暑さには参りました。500mlペットボトルに半分凍らせた水を5本、クーラーBOXに入れて積んで行って正解でした。

 東名大井松田インターから入り、西へ向かいます。途中、由比パーキングエリアで休憩。駿河湾に面した崖っぷちの小さなパーキングですが、海の眺めが大変良い所です。でも、天気は良いものの視界は今一でした。水蒸気でモヤがかかったような感じでした。きっと冬場の方が気持ちの良い眺めになるのでしょう。
100723静岡日帰り旅行01〔駿府城〕 静岡インターで東名を降りて、静岡市街に入って行きます。駿府城は、官庁街の真ん中にあり、と言いますか、駿府城を取り巻く三の丸に官庁施設が置かれていると言った方が正しいと思います。

100723静岡日帰り旅行04〔駿府城〕 駿府城には特に迷う事無く着くことができました。でも駐車場が見つかりません。二の丸を取り囲むお堀の回りを一周しましたが、見つかりません。
 ちなみに駿府城は、本丸、二の丸、三の丸と各々矩形の堀が、本丸を中心として3重に取り囲む形をしています。完全につながって残っているのが二の丸を取り囲む堀で、その内側が公園になっています。
 仕方なく、県庁の駐車場と思しきところへ車を入れようとしたら、係員に呼び
100723静岡日帰り旅行03〔駿府城〕止められました。どこに行くのかと聞かれたので、公園と答えると、お堀を半周回った反対側に地下に入る駐車場がある、と教えてくれました。
 お堀の外周には遊歩道があり、「家康公の散歩道」と書かれた道標がありました。弥次さん喜多さんの銅像もいます。お堀には暑い中、亀が気持ちよさそうに泳いでいました。
 駿府城については、先にも言いました通り、別記事にしたいと思っていますので(いつになるやら)、ここではここまでにしておきます。

 駿府城まで来たら、ついでに行っておきたい所がありました。静岡浅間
100723静岡日帰り旅行05〔浅間神社〕神社です。
理由は、駿府城を地図で調べていたら、すぐ近くに駿府城よりも何だか重要な所といった感じで、この静岡浅間神社が出ていたからです。そうです、コジューローは静岡浅間神社がなんたるかも何も知らず、ただなんとなく重要そ
100723静岡日帰り旅行06〔浅間神社〕うな感じだからついでにと思っただけなのです。
 しかし、実際に行って見て仰天しました。とてもついでに見切れるような代物ではなかったのです。さてここで、静岡浅間神社がなんたるかをコジューローの口からは大きすぎてとても語れません。そこで、比較的易しく解説しているWebサイトを見つけましたので、紹介しておきます。
静岡市観光ガイド 『静岡浅間神社』
また、どうしてもコジューローのブログ
100723静岡日帰り旅行07〔浅間神社〕だけで済ませたいとおっしゃる方のために、パクリですが大変簡潔な解説文を見つけましたので載せておきます。

《静岡浅間神社》
神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社といいます。御鎮座は約2000年以上前といわれ、駿河国総社、静岡総鎮守の神様として崇敬されています。現在の社殿は文化元年(1804)から60年の歳月を費やして建造されたもので、26棟が国の重要文化財に指定され、漆塗り極彩色の社殿群は「東海の日光」とも呼ばれています。
パクリ元はこちら

 みどころ満載であろう静岡浅間神社でしたが、コジューローは楼門、舞殿、大拝殿の3つを見たのみで時間もないので退散しました。いずれまた機会があったら、今度はじっくり見学したいと思います。

 浅間神社を出て、次の目的地、掛川へ向かいます。お腹も相当空きました。途中、丸子でお昼をとることにしています。途中といっても丸子も静岡市内であることを、後で知りました。国道1号線を西へと言いますか、南へと言いますか、要するに南西方面へ向かいます。安倍川を渡って旧道(たぶん)沿いに進みます。目指すはとろろ汁で有名な丁子屋さんです。
 東海道丸子宿で昔から旅人にとろろ汁をふるまってきた丁子屋さん、どれくらい昔かといいますと、慶長元年(1596)からといいますから、なんと関が原の戦いの4年前、江戸時代を通り越した驚くべき時代から、ず〜〜〜〜と、とろろ汁屋さんを営んできました。これこそ重要文化財と言えそう
100723静岡日帰り旅行08〔丸子・丁子屋〕な驚くべきお店です。店内には資料室もあって、江戸時代の骨董なども展示されています。
 コジューローが頂いたのは、本陣というセットメニューで、とろろ汁、ご飯、味噌汁、お新香、薬味、小鉢、むかご揚げ団子、サラダ、季節のフルーツという写真のものです。いやあ、とろろ汁と麦入りご飯が美味しくて、いささか食べ過ぎました。

 丁子屋さんを出て、一路掛川へと向かいます。掛川まではそれなりに距離もあったのですが、国道1号線とそのバイパスで割りと快適に進むことができました。(この間、たしか東名は使わなかったと思います)
 掛川市内をどこをどう通ったか、カーナビ任せでよく分からないのですが、掛川城を正面に見てまっすぐ進んだような覚えがありますので、たぶん掛川バイパスを西郷インターで降りて、南にまっすぐ掛川城めざして進んだのではないかと思います。そして市街を抜けて掛川大手門駐車場へ
100723静岡日帰り旅行09〔掛川城〕車を入れました。
 復元された大手門をちょっと見て、掛川城天守へと向かいます。掛川城天守は平成の築城ブームの折に再建された木造の天守で、新しいながら往時を思わせるものがあります。
 さて掛川城については、例によって別記事としますので、詳しくはそちらでという事にしますが、ちょっとだけハプニングを話しておきます。

 非常に暑い日でした。天守の最上階は風通しが良く、気持ちが良かったので、そこに居た係りのおじさんと話をしながら、しばらく涼んでいました。と、首から右あごの辺りに何かモゾモゾっとしたものを感じたコジューロー、なんとなく手をやると何か嫌な感触、そのまま手を振り払ったら若いぷりぷりとしたムカデがポトリと落ちました。「ゲ!ムカデだ!」コジューローが叫ぶと、係りのおじさん、透かさずムカデ退治にかかりましたが、ムカデはススッと窓の引き戸の下に逃げてしまいました。コジューローはあごの一箇所が何だかちくちくした感じがありましたが、それがムカデに刺された為なのかどうかは分かりませんでした。何しろ生まれてこの方ムカデに刺されたことなど一度もなかったからです。係りのおじさんは、1階から消毒薬を持ってきてコジューローのあごを拭いてくれました。その後、天守を出て次のところへ廻ろうとしたとき、掛川城入り口の券買所に居たお姉さんがやってきて、「天守でお客さんがムカデに刺されたと聞いたのですが知りませんか?」と聞かれたので、「それは私です。」と答えると、手に持っていた小箱の封を切り、チューブの塗り薬を出して、「消毒はされましたか?でしたら、これを使って下さい」と非常に恐縮してすまなそうに渡してくれました。コジューローは、あごのその部分がまだ何かちくちくするような感じがするような気もしたのですが、本当に刺されていたらこんなもんじゃないだろうと考え、これはムカデがあごに付いてはいたけど、刺されてはいないと結論付けても良いという気になっていました。でも、わざわざ薬を持ってきてくれたのだし、あれからちょっと時間も経っているので、もしかすると連絡を受けて直ぐに薬を買いに行ったのかも知れない、とも思い、折角ですから薬をたっぷりあごに塗りたくり、お礼を言って別れました。

 このムカデ事件、実はブログに書くかちょっと迷いました。なぜなら掛川城の天守にムカデが、なんて事が広まったら、掛川城側にとっては、これも一つの風評被害ということになりはしないかと思ったからです。そうなっては親切にしてくれた掛川城の人たちに申し訳ないと思ったからです。でも、書く事にしました。ああいう所でしかもこの時期、ムカデが居ても何の不思議もありません。それに掛川城であのムカデを飼っていたはずもありませんし、もしコジューローが本当にムカデに刺されたとしても、それは不運であって、掛川城の管理責任が問えるかどうか怪しいものでしょう。それよりも、係りの人たちの対応と親切に、コジューローは感銘をうけました。ありがとうございました。また機会がありましたら、掛川城天守に行きたいと思います。

 掛川城を後にして、一応この日の目的は達しました。まだ日は高く、帰るには惜しい時間です。夏の旅行は暑いですが、日が長いのが最大の利点です。たっぷり汗もかいたので、一風呂浴びたいところでもありますが、折角ここまで来たので、御前崎に行ってみることにしました。岬の先端はコジューローの好みのスポットでもあります。
100723静岡日帰り旅行10〔御前崎灯台〕 御前崎灯台に入れるかどうかは時間的に厳しいところでしたが、とにかく急いで行く事にしました。東名高速を今度は東へ、牧之原インターで降り一路御前崎の先端へと車を進めます。
 海岸沿いの道を通って岬を廻りました。が、灯台へ行く道がありません。結局、岬を廻る海岸通りの手前まで戻り、丘の上の道へと車を向けて漸く灯台にたどり着けました。残念ながら、灯台に入れる時刻は過ぎており、灯台から海を眺めることは出来ませんでした。でも、灯台の直ぐ下に展望所があり、そこででっかい海を眺めました。
 岬へ行くと水平線が丸く見えると言いますが、本当です。水平線は実は水平ではなく、大きな円の円周なのです。正しく地球そのものを見ている感じがします。日暮れまで居たい気もしましたが、太陽が沈む位置が海ではなく陸地にかかっているようです。海に沈む夕日にはならないのなら、さほど未練もなく、その場を立ち去ることにしました。きっと冬ならもう少し陽が南に沈むでしょうから、海に沈む夕日が見れるのだと思います。

 一風呂浴びに、大東温泉シートピアに行くことにしました。大東温泉は掛川市になりますから、また戻る形になります。遠州灘沿いにのびる国道150号線を西へと走ります。シートピアに着いてもまだ日が暮れません。夏の旅行はへとへとになってもまだ遊べる時間が‥いや、もういいでしょう。
 この辺りは、風力発電施設があり、でっかい白いプロペラの風車が何機も設置されています。遠州灘の風はそれほど強いのでしょうか。風車といえば、スペイン旅行のときに丘の上に沢山見ましたが、この白いプロペラの風車、スペインのものと全く同じ形のように見えます。(まさか同じメーカーなんて事は‥ないよねえ)
 お風呂から出たら、日はとっぷりと暮れていました。野菜の販売所があり、ゴーヤやナス、トマトが大変安く新鮮そうに見えたので買って帰りました。さて、これで帰路に着くわけですが、途中もう一つ楽しみがあります。そう夕食です。ここまで来たのです。帰りは焼津で寿司でも食べて帰るってのが相場でしょう。

 菊川、焼津間を東名高速で走り、焼津で入ったお店が、国道150号線沿いにある寿司実(すしみ)さんです。ガイドブックで見つけたこのお店をカーナビに入れて捜したのですが、その付近に居るはずなのになかなか見つからず、結局電話で場所を確かめて到着することが出来ました。お店の人の話によると、なんでもこの辺り、区画整理とかでカーナビが役に立たない状態になっているらしいとの事でした。
100723静岡日帰り旅行11〔焼津・寿司実〕 この日の寿司実さんのお薦め料理という事で、南マグロのトロ寿司とカマ焼きのセットを頂きました。刺身の色とカマの大きさから言って、南マグロとは言っても中ぼうのようです。中ぼうというのは、マグロの大きくなるちょっと手前の大きさのものを言います。南マグロと呼ばれるマグロは南の方で取れるからそう呼ばれるだけで、本マグロ(クロマグロともいいます)に変わりはありませんから、本来、赤身はもっと鮮やかな真っ赤な色をしています。この色は成長しきれていない中ぼうの色だったわけですね。実はコジューローはこのマグロの色を見て、キワダ(キハダマグロ)ではないのかと思いました。でも食べてみると、キワダではありません。この旨さは紛れも無く本マグロの旨さです。カマ焼きも本マグロのカマでは油が強いだろうなと思っていたところ、さほどでもありません。これも中ぼうのカマだからでしょう。でも、かえって程よい油で大変美味しく頂けました。早い話がどちらもべらぼうに旨く、大満足でしたという話しです。(マグロのうんちくは、ちょっと専門的で分かり辛かったですかね)

 帰路、これで本当に終わりです。焼津から東名高速に乗り東へ。大井松田インターを降りたときには夜中の12時を30分ほど回っていました。やった!ラッキー!土曜日に食い込んだのです。よって焼津大井松田間の東名高速料金は千円ちょっきりですみました。
 最後にラッキーなオマケもついて、大変有意義な一日でした。うん、ブログ記事の長さからいっても、一日とは思えない密度でしたね。

では、これにて。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。