2011年04月16日

松山旅行 〜岡山ギターオーケストラ練習のついでに〜

2011年3月11日(金)〜13日(日)

3月11日は恐らく歴史に残る日付となるでしょう。そう今まだ現在進行形の東日本大震災、その大地震があった日です。
 この日コジューローは、早朝6時15分小田原発の新幹線に乗り込み、岡山へと向かっていました。地震のあった2時46分には、さらに西の四国
        ↓松山城        松山にいたのです。
110312-松山城なぜそんな所にいたのか? 旅行? 
はい。岡山でのギタオケの練習のついでの旅行中でした。
 地震も知らず(11日夜には知る事になりましたが‥)能天気コジューローの旅行レポートです。
 

 今年7月の岡山新堀ギターオーケストラスペイン演奏ツアーに同行することは、前にもお伝えしましたが、今回の岡山行きは、その練習に参加する為です。実は昨年12月の岡山キャンドルコンサートにも参加しました。そのコンサートでの演奏が7月のスペインでの演奏の前哨戦となるはずでした。しかし、スペイン向け主要プログラムの変更により、実質今回がスペイン向け練習初参加となりました。
 わざわざ岡山まで行くのですから、ついでに観光と趣味の100名城めぐりをと思い、四国松山まで足をのばす事にしたのです。オケの練習が13日の午後ですので、11日に出発してその日は松山に泊まり、12日夜には岡山のホテルに入るという行程です。
 出発した11日に地震が起きるなんて、もちろん知る筈もありません。ただ、その1週間ほど前から原因不明で体調が悪く、ギターを持つのも嫌なほど気分も最悪な状態でした。でも11日の朝は出発できた‥、もしかすると動物的予知能力が働いた‥??

 岡山で途中下車し、岡山に来た時の定宿にしている駅前のホテルに楽器を預け(プライムギターとアルトチェンバロギターの2本)、四国松山へと向かいます。
 岡山から松山へは「特急しおかぜ」で一本です。瀬戸大橋を渡り、右手に瀬戸内海を見ながら愛媛県へと入りました。予讃線は海岸沿いを走る区間が長いので、たっぷりと瀬戸内海を堪能できます。左手に雪を頂く山が見えてきました。石鎚山でしょうか。そういえば新幹線(東海道)でも関が原あたりで雪が降っていましたが、この時期の四国で雪のある山を見るのは意外でした。

 松山に着いたのは13時14分。岡山で途中下車した1時間余りを引けば、小田原から6時間足らずの列車の旅でした。コジューロー的には速いと感じましたが、どうでしょう。
 松山駅の観光案内で観光パンフレットを手に入れ、駅前のターミナルで路面電車に乗りました。岡山もそうですが、路面電車のある町というのは何かいい感じがします。コジューローの住む小田原にも昭和30年代初期までは路面電車があったのですが、コジューローはそのころまだ小さ過ぎてほとんど記憶がありません。
 松山城は松山駅からほど近くの市内中心にありますが、この日の目的地は道後温泉とそこにある湯築城です。と言っても市内中心部からさほど遠くはなく、市内の町外れくらいの感じの所にあります。乗った路面電車にそのまま乗っていれば着くのですが、荷物を預けに予約のホテルに行くべく大街道駅で降りました。この辺りがほぼ松山の中心地のようです。松山城へはここから歩いて行けます。
 ホテルではまだ部屋には入れないものの、チェックインの手続きは済ます事ができました。預けた荷物は部屋へ運んでおいてくれるとのことでした。

 ホテルを出て道後へ向かうのですが、その前に腹ごしらえです。大街道のアーケード街のどこかで食べようとそちらへ歩き始めたのですが、ふとハンバーグランチの看板が出ているお店を見つけました。お店の名前は
110311-01松山「ボルガノ」というようです。何となく美味しそうな気がしたので、ここで食べる事にしました。
 店の中はさほど広くなく、コの字形に配置されたカウンター席のみです。プロ野球のジャイアンツのグッズが店中に飾られています。オーナーは大の巨人ファンのようです。この店の目玉らしいハンバーグランチを注文しました。マスターの電話での話しの様子や常連らしい客との会話から、偶然に入ったお店ですが、何だか有名なお店の様で
110311-02松山す。マスターに聞くと県外からハンバーグを食べに来るお客も多いとのことでした。面白い話も色々聞かせてもらいました。これから湯築城へ行くと言ったら、棚から湯築城のパンフレットを取り出してくれました。

 時間を見計らって、道後行きの坊ちゃん列車に乗れるよう「ボルガノ」を出たのが午後2時半ごろだったと思います。坊ちゃん列車というのは蒸気機関車型の路面電車で(動力はジーゼルと言っていましたので、正しくは
      ↓坊ちゃん列車     電車ではありません。路面電車の軌道
110311-03松山を走る、蒸気機関車を模ったジーゼル機関車と客車による路面列車です)、客車は夏目漱石が乗った当時のまま再現しているそうです。折角ですからそいつに乗ってやろうと、大街道駅で通常の路面電車をやりすごしながら待ちました。
 しかし坊ちゃん列車が来る時間になってもなかなか現われません。同じく坊ちゃん電車を待っているらしい客も何人かいます。多分その人たちがその時話していたのだと思うのですが、地
110311-04松山震がどうの‥、とか耳に入った気がします。正にこの時刻、午後2時46分、東日本大震災の地震が起こった時刻のころです。
 そのせいで坊ちゃん列車が遅れたとは考え憎いですが、しばらくして坊ちゃん列車がやってきました。車掌さんの
        ↓道後駅        検札を受け客車に乗り込みました。
110311-05道後本当マッチ箱のような客車です。途中でさっきの車掌さんが顔を出し、松山なまりのゆる〜〜いしゃべり方で、坊ちゃん列車の解説をしてくれました。
 終点道後駅に着いて客車から降りました。機関車の向きを換える作業が見
れるとのことで、近くで見ようとしばしウ
110311-06道後ロウロしましたが、いったいどこで見れるのかと思っていたら機関車だけ遠くに行ったかと思うとふわっと持ち上がって一瞬の内に向きが換わっていました。ということで決定的瞬間を間近で見ることは叶いませんでした。
 道後駅はとても可愛らしい駅舎です。
      ↓からくり時計      何だかウィーンのホイリゲ駅と似ている
110311-07道後ような感覚におちいりました。(そういえば、ウィーンの記事が未だ完結していません。ホイリゲも未だ紹介していませんでした。‥そのうち‥汗)
 道後駅前から道後商店街のアーケ
ードを抜けた先に、有名な道後温泉本館があります。日のある内に湯築城跡を見学して、後で温泉につかりに来る事にしました。アーケード入口の手前右側に大きなからくり時計があります。この時はからくりが動いていませんでしたが、湯築城見学の後で動いている
110311-08道後ところを見ることができました。

 湯築城は、道後駅から温泉とは反対方向へちょこっと行ったところにあります。二重の堀で囲まれた城跡は、現在道後公園になっています。ちなみに湯築城は「ゆづきじょう」と読みます。
 例によって、湯築城の見学については別記事にしてUPする予定ですので、ここでは詳しくは書きません。
‥と、この口調で先送りしたお城記事がごっちゃり滞ってしまっています。
もう無理なんじゃないの?と思われる
110311-09道後方もいらっしゃるかと思いますが、コジューローはまだ諦めていませんので、どうか諦めずにご期待頂ければと思います‥です。
 
 さて、湯築城の見学を終えて、道後温泉本館へと行きます。伝説と神話と歴史を誇る日本最古の温泉、道後温泉。白鷺の伝説とは、大国主命(おおくにぬしのみこと)の登場する玉の石の神話とは、聖徳太子、一遍上人、松平定行、小林一茶の絡むそれぞれの歴
110311-10道後史とは、‥まあ興味のある方は調べてみて下さい。
 道後温泉本館の木造三層楼は明治27年に建てられ、現在国の重要文化財に指定されています。正面入口脇には車屋さんがズラッとならんでいて、何だか風情があります。
 本館の向かいに有名な(コジューローは知らなかったのですが、らしいです)、一六タルトのお店があります。一六本舗の本店です。お店の人に一六の意味を聞くと、明治16年創業だから
     ↓道後温泉本館      と言います。重要文化財の道後温泉
110311-11道後本館よりも古いということになります。折角ですから、お風呂から上がったらお土産に買って帰ろうという事にしました。
 さて、いよいよ温泉に入るわけですが、チケットを買う段になって、はたと迷ってしまいました。霊の湯?神の
110311-12道後湯?三階‥二階‥階下??何がどう違うんだろう?‥で、まあ結局は全部分かったんですけど、ここですべて紹介すると大変なので、気になる方はご自分で調べてください。コジューローはしばし悩んで、大浴場と大広間の休憩室が使える神の湯二階席にしました。貸し浴衣もついています。
 入浴後、二階の休憩室で少し休んで(この時お茶とお菓子も出ます)、3階の坊ちゃんの間を見学し、本館を出ました。日が落ちています。

 一六タルトのお店で一六タルトを買って送りを頼んだところ、関東には送れないと言います。えっ? 理由を聞くと地震のせいでと言います。確か
110311-13道後に小田原を出る1日2日前やや大きめの地震がありましたが、あの地震で交通が麻痺するとは到底思えません。店員のお姉さんの話に納得が行かずさらに聞くと、中から支配人のような男性の方が出てきて、かなり酷いようで今もテレビでやっています、と言います。
 えっ? もしかしてその地震は今日あったのですか? と聞くと、そうですという応え。 が〜ん!一体何が起こっているんだ??いやっ何てことだ! 聞く所によるとどうも仙台方面で大地震のようで、関東地方もかなり被害があったようです。
「いや、知らなかったとは言え失礼しました。情報をありがとうございます。」
礼を言うと、一六タルトを持ち帰れる1本だけ買って店を出ました。

 直ぐに携帯電話で自宅に電話をかけましたが通じません。姉の携帯も通じません。弘前にいる兄の携帯も通じません。兄の家族が仙台にいるのですが、今ここからは連絡のしようもありません。
 まあ何かが起こっているにしても、コジューローはこちらに来ている以上、13日の岡山での練習が終わるまで帰ることが出来ません。あわててもしょうがないのです。道後のアーケード街を歩きながらそんな事を考えていました。
 駅前に出て、からくり時計の前のベンチに腰掛、携帯電話で電話をしたりメールを送ったり、何度も試みましたが全くつながりません。からくり時計が動いていても気もそぞろです。電車もきたので、とにかくホテルに帰ることにしました。
 ホテルのロビーの公衆電話から自宅へ漸くつながりました。父が出て「揺れて大変だったけど大丈夫だよ。そっちは予定通り済ませればいいさ。」ってことで、一安心。夕食がまだだったので食べに出ました。

 伊予手造りうどんの店「つるちゃん」というところで、まず生ビール、そし
↓ミルクうどん‥だったかな? て、うどんとおでんを食べました。3年前
110311-14松山丸亀で食べた讃岐うどんもベラボウに旨かったけれども、ここで食べた松山うどんもなかなかのものでした。結構満足してホテルに帰りました。
 しかし、この時点では横浜に勤めている姉に連絡がつかず、弘前、仙台も全く分からない状態でした。テレビでは津波警報が出っぱなしで、東北の太平洋岸の被害の状況をずっと放送しています。テレビをつけたまま、この夜はほとんど眠る事はできませんでした。
 

 翌12日土曜日。ホテルで朝食をとりました。
 一晩の内に結構連絡が取れ始めました。横浜に勤めている姉からは会社に泊まるとメールが入りました。また、弘前の兄からは明け方「やっとトンネルから抜けた」と携帯に電話が入りました。どうやら仙台から弘前に向かう途中で地震にあったようで、八戸あたりのトンネルで動けなくなっていたようです。仙台の家族もどうやら無事らしいのですが、この時点ではっきりとは聞けませんでした。(後でインターネットの災害伝言板で無事を確認しました。)ただ、いわき市に住む叔父とその家族の安否がまだ確認出来ていません。(実はコジューローはこの叔父さん茨城にいるとばかり思っていたのですが、いわき市に引っ越していて被災しました。コジューローが小田原に戻ってから無事が確認でき、現在は茨城に戻っているようです。)
 ホテルでの朝食中に携帯電話が鳴りました。おっ新しい情報か?と思いきや、なんと以前つばさにいたIくんです。このタイミングで何かあったか?と思ったら、‥「地震どうでした?揺れて恐くて大変でしたよ。」‥って、
そうかも知れないが今携帯にかけてこなけりゃならない事かね(怒)!!
ってまあ、力が抜けました。(お陰さまで)

 しかしまあ自宅の父に連絡がついて、早急に帰らねばならないって事ではないことが分かったので、一先ず予定通りの旅行と練習を済ませて、後は帰ってからのことと腹を決めました。
 この日の予定は、松山城と坂の上の雲ミュージアム、そして岡山へ戻る途中で今治城へ寄るという計画です。また岡山に戻ってこの晩、岡山新堀ギター音楽院のN先生と会う予定になっています。
 チェックアウトを済ませ、例によって荷物はホテルに預けて、先ずは松山城へと向かいます。ホテルからは歩いて行ける距離です。
     ↓松山城天主
110312-01松山 はい。という事で、例によって松山城はまた別の記事にしてUPする予定ですので‥(本当?大丈夫?)
はい。次へいきます。

 松山城中心域からリフトを使って降りてきたら、そこにドーンと大砲が置いて
    ↓28センチ榴弾砲     あってびっくりしました。場所は、松山
110312-02松山城ロープウェイ乗場3階テラスです。NHK坂の上の雲のロケで使った28センチ榴弾砲の実物大レプリカでした。日露戦争で、あの旅順要塞の攻略に使われた巨大大砲です。それと分かってみると、実物大となっていますが当時の実物写真のイメージより随分小さい感じがしました。
 大街道の通りに出て(ロープウェイ街というらしい)、市電の通りへと歩きます。この辺りの町並みは何となくシャレた感じがして、ああ松山も何か良い町だなあって感じました。でも、この日の内に今治へよって岡山へ戻らねばなりませんので、今回はあまりゆっくりもしていられません。またいつか来て、ゆっくり散策もしてみたいと思いました。
 市電通りに出てちょっと歩いたところに「坂の上の雲ミュージアム」がありました。歴史好きのコジューローですから、じっくり見て回るとかなりの時間がかかりそうです。我慢して1箇所にあまりこだわらず、解説文もじっくり読まないようにしてに見ていきました。そのせいかも知れませんが、最も印象に残り興味もあったのが、4F展示室の軍艦模型です。子供のころプラモデルが好きで、軍艦模型も沢山作りました。でも、日露戦争の時代の軍艦模型は全くと言ってよいほどありませんでしたから、興味深々です。横須賀の戦艦三笠にもまた行ってみたくなりました。
 
 ミュージアムを出て、ホテルで荷物を受け取り、市電(路面電車)に乗って松山駅にと行きます。名残惜しいですが松山ともお別れです。駅そば(駅うどんだったかな?)で軽く昼食をすませ、アンパンマンのペイントの14時26分発特急しおかぜに乗り込みました。今治までは40分足らずです。
110312-03今治 今治駅のコインロッカーに荷物を預け、案内所で今治城へ行けるバスを教えてもらい、バスで今治城へと向かいます。今治城は掘りに海水を引き入れた海城ですから当然海の近くにあります。今治港のバスターミナルを過ぎて少し行った所にありました。

 はい。 今治城も例によって別記事でUPします。  今治城の天主からは、しまなみ海道の橋が美しく見えました。

    ↓今治城天主より       午後5時、今治城閉館時刻です。
110312-04今治お城の職員の方達と一緒に下城しました。職員の方達は駅まで歩いて行くようでしたが、コジューローは来た時と同じようにバスを使いました。
 駅前の喫茶店で時間調整をして、18
      ↓今治城          時13分発岡山行きの特急に乗りまし
110312-05今治た。 岡山に着いたのは午後8時を回っていました。ホテルにチェックインし、預けておいた楽器を受け取って部屋でしばし休息。‥したと思うのですが、ちょっとこの辺記憶がハッキリしません。N先生と何時に会ったのか、恐らくそれまで気になる災害報道を部屋のテレビで見ていたのではと思うのですが、覚えていないのです。覚えているのは、その後N先生と会って、またご馳走になってしまった事。牡蠣を送って頂いたお礼にと姉より預かったワインを、お渡しした事。ホテルに帰ったら急に疲れがでたのか、パタンキューと眠ってしまったことです。

 13日日曜日、旅行最終日です。ですが本当はこの日がメインの日で、午後に岡山新堀ギターオーケストラの練習があり、それに参加する為に来たのです。練習終了後、新幹線で小田原に帰ります。地震で家の中がどうなっているか、ちょっと心配ではあります。
 この日、ホテルのチェックアウトの時間まで部屋で練習する予定でしたが、なんと完全に寝坊してしまいました。旅先でこんな事は初めてです。お風呂に入って身支度するだけで精一杯。結局何も練習できずでした。

 オケの練習は岡山新堀ギター音楽院の教室で午後1時からでした。少し前に到着すると、例によって皆さん温かく迎えてくれました。今回の練習では、コジューローは下準備がほとんど出来ていない状態で、参加してしまいました。合わせ練習と言っても、コジューローはオケに全くついていけません。まああの程度の下準備(個人練習)ではこんなものかと、自分の実力を思い知りました。
 そんなコジューローに一言の嫌味もなく(覚悟はしていたのですが‥)、温かく練習に参加させて頂き、岡山オケのみなさんに感謝いたします。幸いしっかりと録音はとれましたので、これを持ち帰り、次回までしっかり練習してこようと思います。

 午後6時、練習終了。一旦ホテルに戻り、預けておいた荷物を受け取って岡山駅へと行きます。駅のおみやげ店で姉に頼まれていたお酒を購入。配達日が指定できないものの送りが復活していたので依頼しました。ちなみに岡山のお酒で姉のお気に入りは(コジューローのお気に入りでもあります)、「備前幻」と「赤磐雄町」です。
 さて、余裕をもって新幹線の改札を抜けたのですが、乗るつもりのひかり号が来ません。おかしいなあと思っていたら、ダイヤ改正があったようで(地震の影響ではありません)、なんでも九州新幹線が開通した為だとか。あちゃー、でも兎に角この時間に乗らないと、今日中に小田原に帰れないかもしれません。とりあえず来たのぞみ号に乗り込みました。当然のことなのか、混雑していて座れません。荷物を沢山抱えてデッキに立って新大阪まで行き、新大阪で予定のひかり号に乗換えて、なんとか無事小田原に帰ってきました。

 家の地震の被害は、コジューローの部屋のCDラックが倒れてぐしゃぐしゃになった程度ですんだようです。姉が片付けてくれていました。
 我が家はそんな程度でしたが、地震と津波と原発事故で、被災地は今尚大変な状況です。一日でも早く復旧と復興がなされる事を祈らずにおれません。

今回は、特異な状況下での旅行記となりました。
これにて終わらせて頂きます。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。