2011年06月01日

ギターアンサンブル「つばさ」134

5月31日(火) 練習

毎週火曜日は「つばさ」練習日。
ということで、昨日のギターアンサンブル「つばさ」です。

欠席者なし。久々のメンバー全員そろっての練習でした。
でも、来週、再来週とOさんの欠席が分かっているので、次にまた全員で練習できるのは当分先になります。
その意味でも昨日の練習は、貴重な練習となりました。


5月最後の練習日ということで、全曲練習を予定していました。
今年の曲は全部で13曲、2時間の練習時間で果たして全曲練習できたでしょうか。

先ずはいつもの様に基礎練習からです。
このところ3回連続でお休みしたNさんはちょっと戸惑っている様子でしたが、他のメンバーはようやくこの基礎練にも慣れてきたようで、全体としてはスムーズに消化できたようです。最後のスケール練習にちょっと難ありでしたが、そこがクリアできれば次のステップに進めそうです。(メンバー各自のほんの少しの努力の集積が、ステップアップへとつながります。)

全曲練習の予定ですから、基礎練習にあまり時間は割けません。ルーチンをさっさとすませて、曲練習へと移ります。

1曲目:エンターティナー
Nさんはこの日、つばさ編の楽譜を受け取ったばかりで、初見での練習となりました。でも、おじぞうず編とほとんど同じなので、なんとか練習にはなったかと思います。メトロノームテンポを決めていましたが、そのテンポではまだ難があるようでしたので、メトロノームは止めてややテンポを落として練習しました。
先ずは設定したテンポで弾けるようにすることが、第一目標となります。

2曲目:みかんの花咲く丘
この曲もテンポを決めています。こちらはメトロノームをかけて練習しました。それと呼吸ですが、付点四分で取るべきところもあるでしょうが、先ずはすべて8分のタイミングでブレスをする形で練習しました。確実に出来るようになったら、曲想を考慮して次の段階のブレスへと進めたいと思っています。

3曲目:夜来香
この曲、今まではプログラムのオープニングで使っていたので、イントロの頭からフォルテで入っていましたが、今回から入りの曲想を変えました。イントロ前半はやや幻想的に入り、イントロ後半で現実的かつテンポも戻して本編メロディーを呼び込む形にしました。イントロのイメージを変えたことで、曲全体もちょっとふわっとしたこの曲本来のイメージに近づいたようです。サビのフォルテも活きてきます。

4曲目:金髪のジェニー
この曲は、今まで何度もプログラムに入れてきた曲で、「つばさ」としてほぼ出来上がっています。これまでの復習練習です。
曲想の決めては低音の強弱です。すでに知っていることを、いかに上手に表現できるかにかかっているでしょう。

5曲目:草競馬
この曲の速度設定は非常に重要です。遅くてはつまらないし、速すぎては技術的に弾けなくなります。ゆったり目のイントロ前半、レーススタートを連想させるイントロ後半、本編の1,2コーラス、ややテンポアップした3コーラス出だしとその後のアッチェル、そしてゴールと自分たちのレベルで出来るテンポの設計が求められます。
目安となるメトロノームテンポを決めていますので、切り替えと乗りの練習が最も必要と思われます。

6曲目:笑点のテーマ
この曲も先ずはテンポです。最終的には、おどけてお客さんを笑わせるような演奏にしたいのですが、とにかく先ずは設定したテンポで充分楽しんで演奏出来るくらいに弾き込む必要があるでしょう。
その上で、イントロをつけたり擬音を入れたりという細工が活きてくるでしょう。
(イントロ、擬音ともに未だ取り入れていません。)

7曲目:いい湯だな
この曲もテンポです。今は演奏だけの練習をしていますが、いずれは歌いながら弾かねばなりません。ですから演奏はさっさと慣れてしまわねばなりません。間奏とエンディングはちょっとややこしいので、うまく出来ない人は個人練習が絶対です。
全体的に低音、特にギタロンがボンボンと鳴っていると乗りもよくなるでしょう。

8曲目:川の流れのように
またやってしまいました。イントロ出だしの5連符です。前回Oさんがここでつまずき、練習時間の大半を使ってしまいました。今回はNさんです。(NさんOさんともにアルトギターでこの曲は同じパートです。)コジューローがいろいろ言い過ぎてしまうのがいけないのでしょうか。でもどうにもしっくりこなくて、つい言ってしまいます。そして気づけばまたしても大量の時間消費です。この曲で30分を消費しました。いや、この曲全体を練習するのに使ったのならいいのです。この曲にはテンポが速くなってしまう大きな問題の他、解決しなければならないことが山のようにありますから、イントロの最初の1小節でこれではどうにもこうにも‥。納得はいかないものの今日のところは仕方がなく先に進めました。
メトロノームをかけ、速くならないように、また自分がどこで速くなってしまうのかチェックするという練習です。
この曲、まだまだ先が長そうです。
(この難しい歌を歌いながら弾く、いや弾きながら歌う?というとてつもないことをしようとしています。)

9曲目:ラ・ノビア
時間が無くなってきました。どこまでできるか?
ラ・ノビアもメトロノームをかけての練習です。基本の速度に3連符を加えて、タトトタトトと鳴らします。さすが電子メトロノーム便利です。この曲がなかなかうまくいかない原因の一つに基本リズムが安定しない点があります。要するに上下アルペジオpimamiでpとaにアクセントをつければ2拍子、pとmにアクセントをつければ3拍子になります。ラ・ノビアは前者です。同じ右手の指使いでも、アクセントの位置で全く違うリズムになってしまいます。プライムもアルトもこの曲ではこれを徹底することが重要です。無意識でもこのリズムが取れていれば良いとは思いますが、無神経に演奏すると質量の大きいm指(中指)が勝手に大きく出てリズムがおかしくなります。この場合リズムというよりも、ビートをしっかり取ると言った方が良いかも知れません。
その上で、メロディーが歌い上げるという演奏が望まれます。

10曲目:久しき昔
時刻は練習終了の9時半を回っています。10時にはすべてを片付けて退館しなければなりません。ぎりぎりどこまで出来るか、あと4曲です。
久しき昔は、基本軽快に演奏し、中間部ゆったりと、そしてまた軽快にという演奏パターンです。基編曲のオリジナルはかなり速いテンポで演奏されていますが、そのイメージが活きた状態で「つばさ」なりのテンポにほんの少し落としてテンポ設定をしています。
メトローノームをかけて、テンポを切り替えながら、1通し練習しました。

11曲目:故郷を離るる歌
時間がかなり押しています。メンバーからもうやめた方が良いんじゃないかという声も出ました。
ならば、この曲をラストに1度だけということにして、一回通し練習で終わりにしました。

9時50分です。
大急ぎで撤収!!!

残念ながら、「ふるさと」と「オーシャンゼリゼ」は練習できませんでした。
やっぱり「川の流れのように」で時間を取りすぎてしまったからです。
コジューローのこだわりがいけないのでしょうけれども、納得がいなないまま進めることは、どうしても我慢ができません。その場で成果が見れなくとも、せめて成果の兆しでも見えれば良しとするのでしょうが、それも見えない時は、そこまでに費やした時間がすべて無駄になると感じるからです。

そこまでムキにならなくても‥とは思うのですが、
悩むコジューロー‥なんちゃって。

では今回は、これにて。


関連記事⇒ギターアンサンブル「つばさ」



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。