2011年10月23日

足利氏館(鑁阿寺)

登城日:2009年10月26日(月)
 久々にお城記事を書きます。今回は足利氏館です。登城したのは見ての通り、丸2年前になります。北関東に日本100名城めぐり旅行をしたときのことで、その旅行記事はだいぶ前にUPしました。
 その記事はこちら⇒北関東・城跡めぐりのついで旅

 足利氏館は、栃木県足利市内にあり、現在は、鑁阿寺(ばんなじ)というお寺になっています。武家館跡なのでお城というイメージではないのです
01堀と太鼓橋が、四角く囲んだ堀と土塁がそのまま残っています。また、お寺の建物には国の重要文化財がいくつもあって、こちらも見ものです。武家館跡で日本100名城に入っているのは、この足利氏館と山梨の武田氏館の2つだけのようですね。        

 足利氏というと、足利尊氏を初代とする室町幕府の将軍家を思い浮かべます。この足利氏館の主は、もちろんその足利氏なのですが、築かれた時代はもう少し前で、鎌倉時代が初まる頃(平安末期?)のようです。歴史と沿革については、ウィキペディアの「鑁阿寺」で解り易く簡潔に記されていますので、以下にその一部を引用させて頂きます。

・12世紀の半ばに足利氏の祖・源義康が同地に居館(足利氏館)を構える。
・1196年(建久7年) 足利義兼(戒名:鑁阿)が理真を招聘し、自宅である居館に大日如来を奉納した持仏堂、堀内御堂を建立。
・1234年(文暦元年) 足利義氏が伽藍を整備、足利氏の氏寺となる。
・南北朝時代 鶴岡八幡宮の支配下となる。


 源義康(みなもとのよしやす)=足利義康は、あの八幡太郎義家の孫で、父義国から藤姓足利氏の割拠する下野国足利庄を相続し、足利氏を
02太鼓橋と山門称しました。藤姓足利氏というのは、あの平将門を征伐した藤原秀郷(俵藤太/たわらのとうた)の子孫ですが、源平合戦で平家に組して没落します。この足利館の主である足利氏は、藤姓足利氏に対して源姓足利氏ともいうようです。
03太鼓橋と山門 義康の息子が義兼(よしかね)で、2代目足利当主(源姓足利氏)となりました。100名城ガイドブックには、この足利義兼が足利氏館の創設者と書かれていますが、まあ諸説あるようです。その義兼が館内につくった持仏堂がもととなり、後の鑁阿寺へとなりました。鑁阿寺の語源は義兼の戒名:鑁阿(ばんな)からきていたんですね。
 鎌倉時代、足利氏は源氏将軍家の一門的地位にありました(御門葉といいます)。執権北条氏の世となってから
04鑁阿寺伽藍図も、代々北条氏と縁戚関係を結ぶことにより、その地位を確保してきました。そして8代足利高氏(のち尊氏)の時に鎌倉幕府が倒れ(1333)、後醍醐天皇による建武の中興(1334)をへて南北朝時代へと突入(1336)します。足利尊氏が征夷大将軍になったのが1338
05大銀杏年、足利幕府(のちの室町幕府)が開かれました。
 足利尊氏は、鎌倉幕府の時代は鎌倉に住んでいたので、地元の足利氏館に住んだことはなかったようです。将軍となってからは当然、京に住んでましたし、また、二人の嫡男のうち、兄の義詮は2代将軍として京に、、弟の基氏は初代鎌倉公方となって鎌倉に住みました。よってそれ以降、地元の足利氏館は主が不在ということになり、やがて上記の如く、お寺として鶴岡八幡宮の
06本堂(工事中)支配下となったのでしょう。

 鑁阿寺は、足利氏の氏寺であり一族発祥の地として崇敬を集め、手厚い保護が加えられて発展していきました。現在は、真言宗大日派の本山であり、「足利氏宅跡(鑁阿寺)」として国の史
07山門跡に指定されています。正しくは「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺」というそうですが、一般には『大日様』と呼ばれ親しまれているそうです。

 さて、うんちくが長くなりましたが、ここからはコジューローの登城記となりま
08経堂す。と言っても丸2年前の事ですからどこまで覚えているか、はなはだ疑問ではありますが、とにかく書いてみます。

 生憎の雨模様です。国道293号線沿いにある太平記館の駐車場へ車をとめ
09多宝塔て、傘をさして歩きました。写真の中に白い丸いものが写ってましたら、それは雨粒がカメラのレンズに着いたものですので、悪しからず。歩道橋を渡って足利学校の堀沿いに歩きます。
 そうそう、UPした写真のラストの方に、この時歩いた道順を記した地図を載せておきましたので、参考にしてください。クリックすると別ウィンドウで大きく見れます。(写真もクリックすると大きく見れますので、よろしく)
 足利学校の堀に沿って左に曲がり、10不動堂・多宝塔・経堂さらに行くと、今度は道の右側に堀がでてきました。こちらの堀の内側が、目当ての足利氏館(鑁阿寺)です。向こうの方に屋根の付いた橋がかかっています。あれが正面入り口、鑁阿寺の山門とその前のお堀にかかる太鼓橋で
                     す。
11御霊屋 山門と太鼓橋は、栃木県の有形文化財として指定されています。山門と屋根つきの橋という珍しい形は、鑁阿寺の特徴の一つで、鑁阿寺の紹介写真には必ず表れますね。
 山門をくぐって境内に入ると、正面に見えるのが国指定重要文化財の本
12大黒堂堂‥‥のはずなのですが‥、
が〜〜んん!! 銀色のシートがスッポリかぶっています。なんと修復工事中です。雨の上に工事中‥。なんだか非常にさびしい気分になりましたが、まあ仕方がありません。山門を入ってすぐの所に境内の伽藍図と説明書きがありました。伽藍図は写真に撮ってUPしておきましたから、写真の場所がどこなのかの参考になるかと思います。また、各写真はポインターを当てれば名称が出ます。(もう解ってますよね‥。)
13西門 本堂の外側は工事でシートがかけられていましたが、中には一応入れて売店には行けました。そこで100名城スタンプを押しました。
 本堂を引き返すように出て右手の方へと行きます。(本道を正面に見て左方向へ、要するに西の方向へ‥くどく
14北門てご免!)本堂の前に大銀杏。右前方、赤と白の大きな建物が経堂、左ちょっと奥にある丸い二重の塔が多宝塔です。経堂は国指定需要文化財、多宝塔は栃木県指定有形文化財です。
 そのまままっすぐ歩いて西門。一旦西門の外に出てまた入り、左方向、経
15東門堂の裏手へと回ります。御霊屋(栃木県指定有形文化財)、大酉堂、大黒堂、蛭子堂と小さめの建物や祠堂が並び、北門へと出ます。一旦北門を出て、また入り、また左方向へ今度は東門へと行きます。東門と北門は栃木県指定有形文化財です。東門の次は、国
16堀と鯉指定需要文化財の鐘楼を探します。と、左手の林の中に見つけました。林と言ったところは、実は庭園の様なのですが、雨も降っていて薄暗い感じがして、林といったイメージで今記憶に残っています。天気の良い時に訪れれば、また雰囲気も違うのかなと思います。
18弘法大師像 弘法大師の像も見つけました。空海が訪れたはずもないですが、真言宗大日派の本山という事で真言宗の宗祖の像があっても不思議はありません。

 山門を出て見学は終了です。続いて足利学校の見学へと行きましたが、途中足利尊氏の像を見つけました。尊氏がこの地に住んだ事実はないと思うのですが、足利氏と言えばやっぱり足利尊氏が最も有名でしょうし、鑁阿寺が足利氏の氏寺であることは違いないの
19足利尊氏像ですから、やっぱりこれがなくちゃですね。
(ちなみにNHK大河ドラマでは、高氏が足利に居た?)
(もう一つちなみに、コジューローの地元の英雄、北条早雲も小田原城に住んだことは無いけれど、小田原駅の西口広場に銅像がある。)
所在地と順路










日本100名城スタンプ15足利氏館 足利氏館の登城記は以上です。

 久しぶりにお城記事を書いて思ったことは、歴史はやっぱり興味深いという事です。近頃の歴史ブームがなぜ起こっているのかは解りませんが、誰しも歴史に触れ始めると興味が尽きないということなのかも知れません。今回も足
                     利氏館に関連して足利氏の起こりなど少し調べましたが、平安時代の平将門、源義家、そして平安末期の保元平治の乱(来年のNHK大河の舞台になります)から、戦国後期、足利義昭が信長に追放されて室町幕府が滅亡するまで、つながっていることに何だか感動しました。足利氏が将軍家となった時点で、逆に足利氏館はその役割を終えたこと、そしてそれからは、お寺として発展し現在に至っているというのも、歴史が現在へとつながっている証しです。
 やっぱり興味は尽きませんなぁ。


関連記事⇒北関東・城跡めぐりのついで旅



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気