2012年04月16日

小田原合奏団2

4月14日(土) 練習
毎週土曜日は合奏団。
ということで、一昨日の新堀ギター小田原合奏団です。
あはは、な〜んちゃってギターアンサンブル「つばさ」と同じような書き出しをしてしまいました。

 先週復帰入団した小田原合奏団ですが、毎週土曜日の午後5時から6時半、新堀ギター小田原教室にて定期練習を行っています。コジューローは毎週練習に参加できるかどうかは未だ分からない部分もあるのですが、折角通い始めた合奏団ですから、「つばさ」と同じように、今後このブログでも紹介していこうと思います。 

 しかしまあ内容的には、コジューロー個人の目で見たことになりますし、意見もあくまでもコジューローの個人的見解になりますので、そのところ一つご了解の上読んで頂ければと思います。
 ちなみに、これまでこのブログで書いてきたギターアンサンブルのチームは、

1.GO(新堀ギターグランドオーケストラ)
新堀先生指揮による多数のプロギタリスト及び少数のセミプロによる大編成ギターオーケストラ
2.ギターアンサンブル「つばさ」
専門校2部(夜間部)を卒業し、ギター専門家の免状を持ったセミプロによる編成の重奏団
3.ギターアンサンブル「おじぞうず」
ギター教室のベテラン生徒さんと専門校卒業のセミプロ及び先生経験者という編成の重奏団
4.新堀ギター小田原合奏団
小田原教室主任の先生の指揮による小田原教室の生徒さん(老若男女、初心者からベテランまでさまざまな人)たちによる合奏団

 上記の内GOは昨年からコジューローは参加を止めていて、「おじぞうず」も活動停止中です。そして今年4月から小田原合奏団に復帰入団ということで、まあこれから一つよろしくということですね。

 それでは、一昨日の小田原合奏団についてです。

 先ず、ちょっとショッキングな出来事がありました。小田原教室の主任の先生が代わります。ここ数年小田原の主任はS先生でしたが、来週から若いO先生になります。(S先生が若くないという意味では、けっして、けっして、けっしてありませんよ。コジューローから見たら、ず〜〜〜〜〜〜〜と若いですから‥/汗)O先生はこれまでは桜木町教室の先生でした。あのDANROKU(新堀ギター男性六重奏団)のバスギター奏者です。S先生は沼津教室へ移られます。S先生はもともとそちらが地元ですから、古巣へ戻る形になります。
 これのどこがショックかと言いますと、実はコジューローはS先生には恩があって、S先生が小田原教室の主任なら合奏団に戻るのもありかなと、折々考えていたからです。まあいろいろ事情もあってすぐにという訳にもいかなかったのですが、ようやく決心もついて4月5日(木)に教室に出向いて参加を申し出ました。その時S先生の転勤を知らされ、やや躊躇しなくもなかったのですが、まあ折角復帰を決めたのですから指揮者が代わってもやっていくことにしました。

 ちなみに、どんな恩があるのかと言いますと、前にも書きましたが、コジューローが新堀ギターと付き合うきっかけとなる一言をかけて下さったことです。
 1993年の夏‥に近い秋だったかな‥(9月か10月か)、今の新堀ギター小田原教室が開校したときです。コジューローの庭とも言える街に(勝手に言っています)、ギター教室がオープンしたとあっては、ちょっと覗いてみようと思って、パンフレットでももらうつもりで扉を開けてみました。多分お気軽にみたいなことが書いてあったんだと思います。
 男女二人の若い先生が応対してくれまして(あまり若いので、その時は先生とは思えなかったかも知れません。)、パンフレットをもらうつもりが、なぜかその場で体験レッスンということになりました。レッスンをしてくれたのは、男のY先生です。コジューローは、ギターは独学ですが一応経験者ということで、何か弾いてみてくださいと言われ、ソルの月光を弾きました。いや、‥あれ?マリア・ルイサだったかな?‥とにかく何だか忘れましたが、その時その場で弾ける曲を弾きました。 コジューローは、体験レッスンとはいえ、きっと何かアドバイスがもらえるものと期待しました。するとY先生は一冊の教本を取り出して、それを開いて見せてくれました。
「いかがですか?字が多いでしょ。一般の教本は楽譜の羅列がほとんどなのですが、この教本は楽譜よりも字が多い。それだけきめ細かな説明がなされているんです。この教室ではこの字の多い教本を使ってレッスンしています。」
‥‥だから何なのでしょう?体験レッスンって、これレッスンじゃないじゃん‥オイラが弾いたんだから、先生も弾いて見せてくれよ‥とコジューローは思いました。確かに、独習者にとって説明書きの多い教本は魅力です。でも、レッスンを受けるのなら説明は先生がしてくれるのだから、教本の説明書きはそんなに重要でもないのでは‥。それとも、あなたはこの教本を買って帰って自分でやれって言いたかったのでしょうか。
 ‥まあ、こんなもんか‥。コジューローは少々期待外れのようなものを感じながら、短い体験レッスンを終えて席を立ちました。すると、もう一人の女の先生(事務員だと思っていましたが‥)が一言、
「呼吸法を勉強されると良いですよ。」
と声をかけてくれました。この声の主がS先生です。

 先週の合奏団でS先生がコジューローを皆に紹介するとき、この体験レッスンの時の話をなさいました。それによると、その時のコジューローは絶対冷やかしだと思われたようです。実際あの「呼吸法」の一言がなければ、冷やかしに終わったかも知れません。ギターの演奏と呼吸法について、かなり前にギターミュージック誌で読んだ覚えがありました。記事を読んだだけで良く解からず、でもどこかに引っ掛っていたのでしょう。それが気になって、後日教室に入学することになったという訳です。
 その後、運よく小田原教室の生徒でありながら日本ギター専門学校のK先生の担当生徒となり、合奏団に入り、SGO(静岡グランドギターオーケストラ:当時小田原教室は静岡地区の管轄でした。)に入り、新堀ギターの運営する専門校の一つである新堀芸術学院横浜校(現、国際新堀芸術学院藤沢校の前身)第二部に入り‥と、勉強の範囲を広げて行くことができました。
 音楽的呼吸法について、今では色々なことが理解できるようになりました。でも、まだまだ奥が深く、研究する余地は無限です。それでもお陰様で、あのころに比べ、もっと深くというか高いところでというか、音楽を楽しめるようになっている気がします。(生意気じゃ〜!)音楽の正体が見えてきた(もうやめとけ〜!)‥な〜んてね。
 S先生、あの一言、本当にありがとうございました。

 かなり脱線しました。
 では、一昨日の小田原合奏団の練習にいきます。

S先生編曲のハワイアン「マリヒニ・メレ」を練習しました。
 先週書いた通り、ラスト部分に歌が入ります。この日は歌詞カードが配布されました。でも歌詞だけで歌の楽譜がないので、リズムもメロディのまだ良く飲み込めません。しかも音域が非常に高い。普通に歌えばまあ歌えるのですが、そのオクターブ上ということで、裏声でも良いとのことですが、裏声なんか使ったことがないし、それこそ音程を取るのが難しい。その上ギターで別のパートを弾きながら‥こりゃ簡単にはいきません。段階的に練習する必要があると感じます。(まあ個人的には段階的練習で少しずつ出来るようにしていくつもりですが‥)
 コジューローの考える段階練習は以下です。

1.ギターは暗譜して意識しないでも弾けるようにしておく。
2.英語の歌詞を覚えて、歌だけで先ずは歌えるようにする。
3.高い声が出るように発声を練習する。必要ならば裏声の練習も。
4.正しいキーで歌えるようにする。
5.ギターと歌を合わせる(弾きながら歌う)
 顱縫咫璽箸魎兇犬覆ら先ずは合わせてみる。
 髻縫好燹璽困砲任ない所を取り出し、ゆっくり1音ずつ合わせる。
 鵝砲罎辰り合わせられるようになったら徐々にスピードを上げる。

2.の歌を覚える方法ですが、YouTubeなどで参考になる音源を探して、マネると良いでしょう。
コジューローが見つけたのは以下です。
 Malihini Mele    (5:15 から音楽が始まります)

 この日はO先生も来ていて、合奏団の引き継ぎも行われました。来週からはこの曲もO先生の指揮になります。S先生はご自分の編曲に後ろ髪をひかれながら、さようなら、ということになりました。
 最後に合奏団団長のKさんより、S先生に花束が贈られて、合奏団の練習が終わりました。

では、今回はこれにて。


関連記事⇒小田原合奏団


 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
amazon リンク


  
livedoor 天気