2012年05月06日

小田原合奏団4

5月5日(土) 練習
毎週土曜日は合奏団練習日。
ということで、昨日の新堀ギター小田原合奏団です。

ゴールデンウィーク中、しかも小田原市内はお祭りという事もあって、合奏団の練習に来た人はコジューローも入れて6人と、非常に少ない人数でした。現在小田原合奏団員が何名いるのかは知りませんが、1stアルトギターが4人2ndアルトギターが1人、バスギター(コジューロー)1人という出席メンバーで、プライムギターもギタロンもいないという淋しい練習となりました。


 お祭りについてちょっと紹介しますと、小田原市では、もうかなり前からになりますが、ゴールデンウィークに合わせて小田原市中心部のお祭り行事を集中させています。北条五代祭り、松原神社祭礼、大稲荷神社祭礼、かつてはバラバラに行われていたこれらのお祭りを、子供たちが参加できるようにと休日に合わせて行うようになったのがきっかけですが、今では、沢山の大人の神輿が町中でねられ、北条5代武者行列をメインとしたパレードなど、観光の目玉ともなっているようです。ちなみにかつては北条五代祭りではなく、お城祭りというのがあって、武者行列ではなく大名行列でした。タレント(ウクレレ漫談家)の牧伸二さんが毎年殿様役に扮して駕籠に乗っていたのを覚えています。いつのころからか、お城祭りが北条五代祭りに変わり、催し物も大名行列から武者行列にかわりました。戦国武将ブームにあやかってか、時代が江戸時代から戦国時代へと逆行しました。またかつては、大人の神輿はほとんど見られなかったのですが、いつのころからか、このお祭りの3日間(3日〜5日)は小田原市街の至る所で大人の担ぐ神輿を見るようになりました。コジューローの友人にもお祭り好き何人かいて、神輿が出るとなると白装束に法被を着て嬉しさいっぱいの様子で担いだり、先頭で提灯を振ったりしていました。(近頃はコジューローはそれらを見に行くこともなくなりましたので、今でも彼らが参加しているかどうかは分かりませんが‥)

 まあそんな訳で、合奏団員の中にも、お祭りに参加している人もいるでしょうし、ゴールデンウィークで旅行に出た人もいるのでしょう。練習出席率が悪いのも昨日は無理からぬことでした。
 という事で、昨日は6人プラス指揮のO先生という人数での練習でした。

 練習に先だって、お知らせが2点。

 一つは、6月に三宝寺で行われるコンサートの件です。先週ホワイトボードに張り付けてあった詳細予定のコピーが配られ、幹事さんの説明がありました。中でも打ち上げに参加費がかかることを気にされていましたけど、コジューローが気になったことはPAの有無についてでした。
 お寺の本堂でのコンサートという事で、PA(拡声装置)は不可欠と思うのですが、O先生は無くても大丈夫のようなことを言っています。おそらく機材とセッティング及びミキサー調整などについての心配から、PAが無い方が良いと思っているのでしょうが、果たしてどうでしょう。100人のお客さんと解放状態の本堂会場を考えると、PAなしではステージの間近の人しか聞こえないという事にもなりかねません。そうは思っても新参者のコジューローがここで口を出すことでもないかなと感じて、その場は黙っていました。
 幹事さんも、マイクについてお寺でどのように準備しているか調べてみるとの事なので、当面は様子を見てみようと思っています。まあ失敗も成功も一つの経験ですから、やりたいようにやってみれば良いし、コジューローは今のところは助言を求められない限り、口を出さない方が良いだろうと思っています。

 もう一つは、来週12日(土)に、新堀ギター本部のS先生が合奏団レッスンをしてくれるのの事で、団員の皆さん集まって下さいとの事。時刻は午前10時半〜となっていましたが、S先生の都合によりもう少し早まるかも知れないとのこと。何でも、S先生はその日、小田原合奏団の指導の後、他の合奏団の指導も予定しているらしく、忙しい体だとか。この時期、6月3日の発表会を控えて、担当の先生(合奏団指揮者)の他に本部から先生をお呼びして指導を受ける合奏団も多いようですから、まあそういう事でしょう。

 という事で練習がスタートしました。曲は「マリヒニ・メレ」です。

 人数が少なく、バス系はコジューロー一人だったのですが、お陰で収穫もありました。O先生はDANROKUのバス奏者であるだけあって、バスギターの弾き方(音の出し方)について、かなりシビアな感覚を持っておられるようです。コジューローは今でこそ「つばさ」でもバスギターを弾いてはいますが、それはメンバー的制約からであって、元来バスギターは苦手で、どうも今一好きになれない楽器なのです。なぜならば、バスギターらしいしっかりした音が出せないから。右手親指が痛くなるほど練習しても、なかなか思うような音が出てくれません。もう随分長い事バスギターと付き合ってきましたが、ちっともかわいくならないのです。
 O先生、やっぱりコジューローのバスギターの音が気に入らないようで、見るに見かねて、コジューローの楽器を取り弾いて見せてくれました。
 やった!チャンス!一流バスギター奏者のタッチを至近距離で見ることができます。コジューローは身を乗り出して右手親指のタッチをロックオン! O先生曰く、アポヤンドで弾弦した後さらにもたれ掛った次の弦を押し込むようにすると響きますよ。 ???弾弦の後に?コジューローには意味のないことに思えました。でも試してみました。すると確かに響くのです。
 後でコジューローは思い当たることがありました。それはテニスのフォロースルーです。テニスで球を打つためにラケットを振ることをストロークと言いますが、それは、球を打つ準備のためのバックスイング、球を打つ瞬間のインパクト、打った後のフォロースルーの3つの動作よりなります。物理的には、ラケットからボールへのエネルギーの伝達はインパクトの瞬間に行なわれるのですから、そのインパクトが全てなのですが、プレイヤーがフォロースルーをきちんと行うように意識してスイングすると、良いインパクトが得られる事が多いという事実です。これは特に初心者に良くあてはまります。インパクトが大事なことは誰でもわかります。でもインパクトの後のフォロースルーがメチャクチャになっていた時、打った球はどのように飛んで行くでしょうか。フラフラと力のない球だったり、思った方向と違うあらぬ方向へ飛んで行ったり、要するにコントロールされた球にはなり得ません。フォロースルーというのは、良いインパクトの結果自然に出来るものなのです。そして逆に、良いフォロースルーが出来れば、自然に良いインパクトが出来ていると言えます。
 O先生の「弾弦した後さらにもたれ掛った次の弦を押し込む」というのは、まぎれもなくフォロースルーです。これを知って、コジューローはまぎれもなくバスギター初心者であることを実感しました。どんなに長い事バスギターを弾いていても、初心者は初心者です。これをきっかけに、コジューローもバスギター初心者レベルを脱出できると良いなと思います。

 さてもう一つ収穫があります。トレモロです。
 合奏で使うトレモロは、言わずと知れた右手人差し指を弦に当て、ひじから先の腕を細かく上下させてコロコロコロ・・・・と音をだすトレモロ奏法です。コジューローはこれまでにもかなり練習してきました。トレモロだけは練習量だと昔から言われてきたからです。‥でも‥、ものになりませんでした(涙)。原因はものになるまで練習しなかったから‥。でも、じゃあものになるまでの練習量って一体どれほどのものなの?毎日30分1週間なんてのは、もう何度もやりましたし、家でギターを持ったら先ずトレモロ練習なんてのも何か月もやったこともあります。でも休んでしまえば元の木阿弥。今年の初めのころ、右手人差し指の関節が痛くなってきて、ばね指のようなコックンコックンする感覚になり、トレモロ練習を止めました。今は癒えてきたようで指の痛みもなくなりましたが、結局トレモロはものになりませんでした。マネは出来ますが出る音はトレモロならずトレボロです。
 昨日の合奏団練習では、O先生指導によるトレモロ練習がありました。O先生が一人一人トレモロが上手に出来ているか見て下さいました。一番最後がコジューローでした。(恥ずかしー!)O先生のアドバイスは、右手親指の付け根部分を弦にしっかりつけて、ひじを使って動かしましょう、というものでした。このアドバイスはかつてT先生に受けたものと同じです。が、要するにコジューローはそうしているつもりでも、出来ていないということなのでしょう。
 O先生曰く、弦につけることで手が安定します。ひじから動かすことで大きく動かせます。
 知ってるよー!!くそ〜、そんな解かり切ったをこんな若造に言われたく無いわい!コジューローの腹の中は、ふつふつと湯がたぎっていました。でも、出来ていないのですから仕方がありません。今これを書いていてふと思いました。理解の三段階。
・第一段階・・・それを知っているという段階。
・第二段階・・・意識して出来るという段階。
・第三段階・・・無意識に出来るという段階。
コジューローは第一段階にはいるものの、未だ第二段階に到達していないということです。
 一人一人のトレモロを見た後、全員でトレモロ練習です。4拍子8小節トレモロでピアノフォルテを繰り返すという練習です。きつ〜〜〜! O先生曰く、毎日5分間トレモロ練習をしましょう。 (みんな)ゲ〜!という顔。 (O先生)あっいやいや、それはきついですね。僕だってできないかも知れない。 O先生はみんなの様子を見て慌ててフォローしていましたが、コジューローは、‥いや、1日5分なら出来るかも知れない。確かに連続5分はきついけど、我慢してそれを続ければトレモロがものに出来るのなら、やる価値はある‥と思いました。

 練習ラスト10分。「マリヒニ・メレ」をもう一度初めから通します。O先生は録音機を仕掛けました。そうですね、練習計画、指導計画を立てるには録音はかかせません。でも、まだまだヒドイ演奏、録音を聴いてこれをどうして仕上げに持って行こうかと暗くなることもあるやも知れません。曲想もまだ煮詰まっていないように思います。6月3日の発表会には、それなりの格好をつけなければならないはず。
 O先生、頑張って下さい。

では、これにて。


関連記事⇒小田原合奏団



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク


  
livedoor 天気