2012年05月13日

小田原合奏団5

5月12日(土) 練習&S先生レッスン
毎週土曜日は合奏団練習日。
ということで、昨日の新堀ギター小田原合奏団ですが、昨日は、新堀ギター本部よりS先生を招いて、合奏団の指導をして頂きました。

 今年の新堀ギター音楽院の発表会は、6月3日(日)グリーンホール相模大野で催されます。各教室の合奏団が揃って出演しますので、もちろん小田原合奏団も出演します。ちなみに、教室の合奏団にとっての年間ビッグイベントは、この発表会と、秋に行なわれる全日本ギターコンクール合奏部門に出演することの2つです。個々の合奏団のイベントは他にもあるでしょうが、合奏団が一堂に会してというのはこの2つであり、競い合って実力を披露しあう場でもあります。合奏団メンバー一人一人に、そういう意識があるかどうかは知りません。しかし、合奏団を指導する先生(各教室の主任の先生で教室合奏団の指揮者です。)にとっては、その結果がご自身の評価にも関係するでしょうから、‥真剣?‥なのかも知れません。 (真剣であってほしいとコジューローは思いますが‥)


 昨日の合奏団練習は、S先生の都合もあって、練習時間を変更しました。通常は午後5時から6時半までなのですが、昨日は午前10時に集まって、打ち合わせとS先生が来る前の事前練習(教室主任のO先生指揮による)。そしてS先生が10時45分ころにみえるとのことで、その後1時間のレッスンを受けるという予定でした。
 ところが10時になってもまだメンバーが揃いません。とにかく居るメンバーで支度をして、まだ来てないメンバーに連絡してなんてことをしているうちに、時間が経過して行きます。そして15分から20分押しでようやく打ち合わせが始まりました。しかもメンバーは揃っていません。

 練習を開始して程なくして、S先生がやってきました。S先生による合奏団指導が始まりました。

 通常、本部の先生がいらして合奏団を指導するとなると、もちろん演奏の指導が建前でもありメインなのですが、指揮者を指導するという面もかなりあります。よほど初心者ぞろいの合奏団でもない限り、指揮者の振り方一つで演奏が良くもなり悪くもなるのが当たり前だからです。
 指揮者は教室の主任でギターの先生ですから、合奏団メンバーより演奏は出来るでしょうし、キャリアもあるでしょう。しかし、指揮者としては必ずしもキャリアがあるという事でもなく、団員の演奏キャリアの方が上回っていることも往々にしてあるわけです。ですから、団員一人一人を指導するよりも、指揮者を指導した方が手っ取り早いんですね。合奏団にとっても、指揮者が上手になることが合奏団の上達につながるので、団費で別途指導料を払ってでも、自分たちの指揮者に合奏団指導という名の指揮者指導を受けてもらう訳です。
 教室合奏団の先生は、それを自覚して、しっかり指揮の勉強をしてほしいなと思います。

 という訳で、まあ少なくとも半分は指揮法のレッスンだったのですが、ここでは指揮の振り方に関することは省いて、演奏に関することのみ、レッスンの内容を書くことにします。
 曲はハワイアンの「マリヒニ・メレ」です。

1.曲のイメージ
 あのアンダーソンの作曲。現地ハワイの原住民の音楽というイメージではなく、ハワイでもちょっとお金持ちの音楽という感じ。
(コジューローが見つけたYouTubeの動画 Malihini Mele  (5:15 から音楽が始まります) このイメージだと思います。ちなみにマリヒニ・メレというのは、旅行者の歌という意味のようですよ。)

2.テンポ
 もう少し速く
(楽譜には150〜170とあります。これまでのテンポは120くらいだったでしょうか。)

3.体の動きをそろえましょう。
 指揮を見て、動き始めの身体の起こし具合(伏せ具合)、顔の向きと角度を先ずそろえる事。そこから曲の流れと共にどのように、どのくらい、どこまで、という度合いも合わせます。動きのタイミングを合わせるのももちろんです。これは時間のかかる練習ですよ。
 左右に揺れる動きの場合は、右から動くのか左から動くのか、皆が同じ方向に動けるように決めておく。基本的にはコンマスに合わせるということを知っておくこと。

4.フレーズは4小節ごとを意識しましょう。
 (O先生の指示は、2小節2小節4小節でしたが、この時点で変更ということになります。‥2小節の指示が出た時、それでは細かすぎるとコジューローは思っていましたけどね‥)

5.バス系は表拍(1拍と3拍)をしっかり出しましょう。
 (同日事前練習で、O先生はこの曲は裏拍(2拍と4拍)を意識してと言っていました。どちらも正しいとすれば(コジューローはそう思いますが‥)、裏拍を意識した上で、表拍をしっかり出しましょうということになります。‥でも真逆な事を言われたように感じたメンバーは多いだろうなぁ‥)

6.バスは爪を使わずに!
 (前回の練習でコジューローはO先生に爪を使ってと言われました。これこそ真逆です。でも要するに、爪の音を入れるな!でもハッキリした大きな音を出せ!ってことですな。実はこれコジューローにとっては、ヒ〜コラ!なんです。)

7.バスメロディーの時、アルト系はバランスを考えて少し控え気味に音を出しましょう。
 (あくまでもバランスを考えてです。この日はバスはコジューロー1本だけでしたから、流石にアルト5本にガンガン出されたらバスメロディーは消されてしまいます。実際はバスギターがもう一人(いや、まだ逢っていないけど、さらにもう一人いるらしいので、プラス二人なのか‥?)、そしてエレキベースも入るので、この日の弾き方でOKとはいかないでしょう。だからこういう練習の時は出来る限り休んじゃいかんのですよ。)

8.歌は歌詞の発音とリズムをそろえること。
 先ず歌い出しのタイミングが揃ってないと、グシャグシャになる。英語の歌詞の細かい発音も揃えないといけない。口も大きく開ける事。口の開け方も揃えないと見た目変だし、威力もなくなる。全体的に音が高すぎて、男性には苦しい音域だけど、中間部のみ、男性は1オクターブ下げて女性の声との対比をつけること。
(O先生の声の音程が上ずっていて、それが全体を狂わせる原因になっているようです。O先生は、まあ本番は歌わないようですが‥。S先生に言われてO先生が歌わなくなったら、コジューローは歌い易くなりました。でも自分のパートを演奏しながら歌うことが、果たして生徒さんたち(ほとんどの合奏団メンバー)に出来るでしょうか。いや、練習すれば出来るのは知っています(コジューローですら出来るのですから)。問題は発表会までに間に合うか‥ということです。)

9.歌詞を覚えること。
 意味が解らずに覚えるのはなかなか大変ですが、カタカナで覚えて良いので、とにかく呪文のようにして覚えてしまうこと。弾きながら顔を上げて歌うためには、必須です。
(顔を上げて、口を大きく開けて、歌っていることをアピールすることが表現上非常に大切で、その為に歌詞は覚えてしまわねばならないのです。)

10.次回の練習までに暗譜しましょう。
 この曲は、どういう曲ですか? 淋しい曲? 悲しい曲? そうじゃなくて楽しい曲ですよね。 
 この手の曲で、顔が楽譜にくぎ付けになっていては、とても楽しさを表現することはできません。先ずは楽譜から顔を離せるようにすること。少なくとも、フレーズの最初をちらっと見ただけで、そのフレーズを弾けるようにはして下さい。

 とまあ、こんなところだったでしょうか。10.については、1度通し演奏を聴いた後に、最初にS先生が言ったことだったと思います。あとはまあだいたい順番通りだったかな。
 とにかく合奏団の練習が、発表会まで前日の練習を入れてあと2回しかありません。覚えてないし弾けてないという人が、まだかなりいる中で、合奏団に復帰したばかりのコジューローも少々不安になってきました。でもコジューローがどう思ったって出来ないものは出来ないでしょうし、後3週間でどれだけ形を整えることができるか、今の小田原合奏団のお手並み拝見を決め込むしかなさそうです。

 でもまあ発表会は、新堀ギター内部の催しですから、仮にひどい演奏をしてしまったとしても、それは内部の問題で済みます。しかし、6月23日に参加予定している三宝寺コンサートでの演奏は、そういう訳にはいかないんじゃないかな、とコジューローは思うのです。それも踏まえて、そろそろ真剣に(そろそろって悠長にしている場合ではない気もしますが‥)構えても良いのではないのでしょうかしらん。
 この日の練習の参加率の悪い事のみならず、この曲に必要な特殊パート、具体的にはクロッケンとウクレレですが、その奏者も決まっていません。もし優秀なエキストラを手配できたとしても、合奏団員はそのパートの入った形での練習をしたことがないのですから、これもまた非常に怖い状態で本番を迎えることになります。

 唯一、衣装については、これまでも何度かハワイアンを演奏したことがあるので、団員はアロハを持っているようで、それで形にはなるようです。しかし、上はアロハで良いものの、下は黒ズボンに黒革靴だって??アロハシャツなら下は白ズボンだろ!黒革靴だってありえない!‥と言うのがコジューロー的感覚です。

人知れずフラストレーションのたまった、昨日のコジューローでした。

では、これにて。


関連記事⇒小田原合奏団



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク


  
livedoor 天気