2012年05月27日

小田原合奏団6

5月26日(土) 練習
毎週土曜日は合奏団練習日。
ということで、昨日の新堀ギター小田原合奏団です。

 6月3日(日)の発表会まで、あと一週間となりました。練習は今回と前日の土曜日で、いよいよ本番を迎えるという事になります。来週の練習は前日なので、もうどうあがいても手遅れでしょうから、実質今回の練習が最後と考えてよいと思います。‥でも、最後の練習なのに‥ 

 この日合奏団に新しいメンバーが二人紹介されました。そしてもう一人、歌で参加してくれるメンバー、この人は小田原のメンバーは皆さんご存知のOさんです。
 でも、この場に居なくてはいけないはずの、ウクレレ奏者とグロッケン奏者が居ません。このパートは未だ埋まっていないのです。でもO先生がちらっと当日のウクレレ奏者がどうとか言っていましたから、とりあえずエキストラであれ何であれ、当日のウクレレ奏者は手配が付いている気配です。もしかするとグロッケン奏者の手配も付いているのかも知れません。しかし、そのことをきちんとオケメンバーに伝えないのはなぜでしょうか。また、この土壇場の練習に、エキストラであれ参加していないのは納得できません。もしかして、来週の前日練習には現れるのかなあ?

 という事で、練習スタートですが、いつも思うのですが、合奏団の練習時間は5時〜6時半となっているのに、教室のレッスンが5時まで入っていて、結局そのレッスンが終ってから合奏の支度をするので、5時練習スタートとはなりません。今回も15分押しでのスタートでした。
 マリヒニ・メレですが、前回のS先生のレッスンを踏まえて、今回は仕上げ練習ということだったと思います(発表会に向けてのとりあえずの仕上げですな)。先ずテンポですが、やや上がったような気がしましが、コジューロー的にはこの曲のイメージとしては、まだまだ非常に遅く感じています。次に動きですが、コジューロー的には左右にゆったり動く動き方は、やはりこの曲のイメージに合いません。ハワイのお金持ちと言うよりは、農耕的なヨッコラショって感じのにおいがします。結局テンポが遅いためだと思います。それから指揮‥う〜ん、ここでのコメントは控えさせて頂きます‥ということにしておきましょう。(笑えないので、涙かな
 ラストの歌の楽譜の最終バージョンが配布されました。と言っても、前に渡された楽譜にプライム調と英語のカタカナルビが追加されただけですが‥。しかもアルト、バス調の楽譜にプライム調(アルトより5度低い)の音符を書き加えても調子記号が違うので、手落ちなのですよ。まあ元のアルト調の楽譜も調子記号が抜けていて、正しくはシャープが1個つかなければなりませんでしたが、プライム調ならばシャープが2個つくはずです。にもかかわらず、シャープ1個だけがかかれています。これでアルトは正解ですが、プライムならばまだ1個足りません。正確に音程を取るためにと配布したにも関わらず、これでは正しく音を取ることができません。まあ、既に皆歌は覚えたでしょうから、関係ないのかも知れませんが‥。カタカナのルビも、前回のS先生のレッスンで歌詞を細かい所までピシッと合わせるように指導されたので作ってきたのでしょうが、このカタカナのルビにもコジューローは違和感があります。と言いますか、この歌の楽譜のリズム自体が気に入りません。この曲らしいテンポで歌ったら、自然にシンコペーションの利いた、前のめりになるような歌い方になるはずなのです。テンポが上がらない原因がここにもあるのではないかと思います。この日の練習でも、歌の音程を正確に取るためにとか言って、さらにテンポを落として練習していました。(‥なんか、もうヤダ)

 決意して復帰した合奏団ですが、うんじゃらげの気分になってきました。ベテランの合奏団員が、気に入った指揮者を追いかけて合奏団を移るという気持ちが解る気がきます。コジューローもそうすれば‥って、いやコジューローの場合、地元の合奏団というのが選択の大きなファクターですから、まあ戻った時期が悪かったけど、これも何かの因果かも知れませんし、これを乗り越えないと続けることもできないでしょうから、当分はじっと我慢しておとなしくしていた方が良いのかも知れません。と言うのは、今回ちょっと指導内容についてつついてみたのですが、O先生側に受け入れる意思も度量もないようで、かえってこちらの気分が悪くなるばかりだったからです。(ふ〜)
 かつて小田原教室でコジューローの担当の先生だった今は亡きK先生が言っていました。合奏団は合奏団員たちのもので、合奏団員が作っていくもの。先生は、指揮者として指導はするけど、あくまでも指揮者であって替わるものだ。いつまでもそこにいる訳ではない。
 コジューローが教室の合奏団をやめたのは、当時の指揮者の先生がコジューローがいることで非常にやりづらそう、という事を感じたからなのですが、それも含めてコジューロー自身がイヤになったという事ももちろんあるわけで、K先生の言葉を結局は無にした形でした。合奏団に復帰して一月ちょっと、もうダメなのかと思うと自分が情けなく思います。なので、ここは我慢して踏ん張ってみようと思います。
 秘訣は、口をつぐむこと。思ったことを口に出さないのが、自分の為に良いのだろうと、今思っています。まあ、このブログで、こんなことを書いてしまえば、口をつぐんだことにならないかも知れませんが、一つのはけ口としてこの位は許そうと‥許してと思うのであります。(弱っちいコジューローじゃのう)まあ直接の言葉、声にする言葉を発してしまうと、言霊(ことだま)が作用して気持ちがヤバい方向へ向いてしまう恐れがあるので、それだけを避けておけば大丈夫かなと思うのですよ。‥果たしてできますやら‥

 さて、マイナスイメージのイヤな事を書いてしいましたが、気を取り直して、今後の小田原合奏団の予定について書いておきます。

 6月2日(土) 通常練習
 6月3日(日) 発表会(グリーンホール相模大野)
 6月9日(土) 練習PM4:00〜
 6月16日(土) 通常練習なし(指揮者の都合により休み)
 6月17日(日) 練習AM11:00〜
 6月23日(土) 山近音楽座コンサートイン三宝寺
 6月30日(土) 通常練習

9日、17日の練習は、三宝寺コンサートの為の練習です。
30日は5週目、通常月の5週目はお休みですが、この日は練習があります。

発表会で演奏する曲は「マリヒニ・メレ」の一曲。
三宝寺コンサートで演奏する曲は「マリヒニ・メレ」「オーシャンゼリゼ」「ふるさと」の三曲です。
衣装はハワイアン‥女性はよくわからないのですが、男性はアロハシャツに黒ズボン、黒革靴、黒靴下だそうです。(アロハに黒ズボンは、コジューロー的には??です。やっぱ、白系のズボンだよなぁ。)
三宝寺コンサートで「マリヒニ・メレ」以外の曲はアロハはおかしいという意見がでまして、アロハの下に白の半袖Yシャツを着ることになりました。コジューロー的にはこの三曲ならアロハで良いんじゃないかと思うのですが‥。

では、今回はこれにて。


関連記事⇒小田原合奏団





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク


  
livedoor 天気