2015年10月29日

ギターアンサンブル「つばさ」257

10月27日(火) 練習&録音
《今回の録音》
二つのガボット/テイク11
シンフォニア12/テイク9


毎週火曜日は「つばさ」練習日。
ということで、一昨日のギターアンサンブル「つばさ」です。

場所:新堀ギター本館5F小アンサンブル室1
時間:PM7:30〜9:30
出席:Nさん、Mさん、コジューロー
遅刻:コジューロー、Nさん

 例によってコジューローとNさんが20分ほど遅刻。Mさんが個人練習をしながら待っていたというパターンです。
 月末練習日ですので、録音日です。が、先月、先々月と録音していませんので、久々と言いますか、3か月ぶりの録音です。曲は同じ「二つのガボット」と「シンフォニア12」。3か月と言えば、早ければ新曲が仕上がってしまうくらいの期間ですから、前回の録音からどのくらい進歩しているかという事が、問われなければならないでしょう。 

 とは言っても、実感としてさほど進歩しているように思えません。前回の録音で問題点が沢山明らかになりましたが、それらを指摘してもそれらを一つ一つ解決してクリアしてきたとは思えないからです。良い演奏に仕上げるんだというモチベーションを、メンバー一人一人がどれだけ持ち続けて取り組んできたか、コジューロー自身も含めて疑問を抱かざるを得ません。確かに前回の録音を検証し、練習もしました。でも、3か月と言うかなり長い期間を感じさせる練習をしてきたかと言うと、これまた疑問です。演奏会を設定していない状態で、録音のみを目標にした練習に、モチベーションを持つ意味で無理があるのでしょうか。それとも練習方法に問題があるのでしょうか。やはり、メンバーでよ〜く話し合う必要があると感じます。

 さて、この日は先に段取りを話しました。録音は「二つのガボット」テイク11及び「シンフォニア12」テイク9共に1回づつのみとし、8時40分に録音開始としました。1回のみと開始時間を決めたのは、ステージ本番に近い緊張感を持たせるためです。それまでの時間はリハーサル時間とし、録音後は一度聴いて、残りの時間は「目覚めよと呼ぶ声あり(コラール)」の合わせ練習をするという風にしました。
 リハーサルの音出しの前に、作曲者のJ,S,バッハについて少し話し合いました。「二つのガボット」はイギリス組曲の中に収められた曲です。イギリスに行ったことのないバッハなのに、なぜイギリス組曲なのか?当時(バロック時代)のイギリスのイメージ、対してフランスのイメージ、イタリアのイメージなど。もちろんバッハのドイツをもとにしてという事ですが、これらの事は曲のイメージを持つ上で役に立つと思うからです。何のイメージも持たずに演奏するのは、統一感のない、意味のない演奏になってしまうと思うからです。そして「二つのガボット」の練習に入りました。
 次に「シンフォニア12」ですが、こちらの曲は、バッハが息子の音楽教育のために作った曲ですから、そのように演奏します。そのようにと言うのは、三声を意識してということで、ここでは三重奏に編曲された楽譜を使ってますから、意識しないでも三声になっているわけですが、聴く人が三声をちゃんと聴き分けられるように演奏しましょう、ということです。
 あっという間に時間が経って、録音の時刻になりました。

二つのガボット(J.S.バッハ作曲イギリス組曲第3番より/新堀編)
   アルトギター1:コジューロー
   アルトギター2:Nさん
   バスギター:Mさん     によるギター三重奏。
 録音テイク11。1回通し演奏。
 曲想がはっきりして、割合スッキリとした演奏が出来たようです。1回のみという事で緊張感もあります。実際緊張しました。でもまだ細かい所でミスや音抜けがあり、特に後半は疲れがありありと見えてしまいました。前半の緊張感を後半さらに拡大して演奏できるようにしたいですね。
 ほんの少しのインターバルの後、次の曲の録音へと入ります。

シンフォニア12(J.S.バッハ作曲)
   アルトギター1:コジューロー
   アルトギター2:Nさん
   バスギター:Mさん     によるギター三重奏。
 録音テイク9。1回通し演奏。
 ほんの気持ちテンポを緩めてスタートしました。本番を想定して絶対に失敗しないテンポ。でも遅過ぎないテンポ。コジューローとしては絶妙のテンポでスタートしたつもりでした。できればスタートしてすぐ気持ちテンポアップするくらいの感じで行きたかったのですが、テンポはスタートのテンポのまま進みました。スタート直後にコジューローのビレミス音が1か所ありましたが、その後は綺麗に流れて行きます。ややテンポが温いものの三声もシッカリしていて、今までにない良い流れに感じていました。が、ラスト付近で2ndがミスそして脱落、そのあおりか、ラストでバスも脱落。結果、大失敗で終了となりました。終了間際にNさんが声を発してますし(本番ステージでは失敗しても声を出すなんて有り得ない)、緊張感が切れてしまったのでしょうか。
 この失敗をバネに、次回録音に向けて頑張ってほしいです。

 ということで、録音終了です。 失敗の録音は聴きたくないでしょうから、聴くのはやめにしました。
 残りの時間は次の曲の練習です。

目覚めよ、と呼ぶ声あり/カンタータNo.140より(J.S.バッハ作曲)
   アルトギター1:コジューロー
   アルトギター2:Nさん
   バスギター:Mさん     によるギター三重奏。
 この曲、今回が2回目の合わせ練習です。先ず1回通して弾き、次に区切りながら練習しました。まだ十分に弾けてない状態です。特に後半は何だかよく分かりません。コジューローは、一通り音取りは済ませて練習に臨んだのですが、合わせると弾けなくなるところが結構ありました。
 Mさんが、そう言えばバスはオクターブ上げて弾くんだったよね・・って思い出したように言いました。コジューローも言われて思い出しました。Mさんまだ楽譜が整えられてないようで(配布したままの小さな楽譜のまま)、先ず練習用の楽譜を作ってから、それにオクターブ上の音符を書き込んで練習するようにしたら良いと思います。前回のこの曲のブログ記事を読むと、全部オクターブ上にするかどうかまだ決めていません。なので、両方見れるようにしておいた方が良いと思います。

 ということで、練習時間終了となりました。

【今回の録音仕様】
録音機 : ソニー・リニアPCMレコーダー PCM−M10
マイク : 内蔵マイク
録音モード : LPCM 96kHz/24bit
二つのガボット/テイク11 : オート録音/録音感度L
シンフォニア12/テイク9 : オート録音/録音感度L
今回はからずもオート録音になってました。でもマニュアルより良いかも知れません。


 今回の録音データファイルも、ダビングして、次回メンバーに渡します。
 来週は、つばさ練習は休みです(Nさんが欠席とのことで、Mさんと相談して休みにしました。)ので、次回練習は11月10日(火)になります。

 では、今回はこれにて。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。