2016年03月05日

ギターアンサンブル「つばさ」273

3月1日(火) 練習
毎週火曜日は「つばさ」練習日。
ということで、先日のギターアンサンブル「つばさ」です。、

場所:新堀ギター本館5F小アンサンブル室1
時間:PM7:30〜9:30
出席:Nさん、Mさん、コジューロー

 珍しく遅刻者なしです。まあ常習者はコジューローなのですが、この日は午後の仕事がなくなり、自宅をいつもより早く出ることが出来たからです。でも充分余裕を持って出たつもりだったのですが、到着したのは7:30ぎりぎりでした。既にMさんが支度を整え待っていてくれました。


 そのMさんですが、風邪をひいたらしく、ゴホン、ゴホンと大きな咳をしています。うわ〜、これは風邪をうつされそうだなぁ、と感じ、そう言うと、Mさんはさらに大きくゴホン、ゴホン、ゲホッ、ゲホッ、ゴホンと咳をします。コジューローが嫌そうな顔をすると、Nさんが、「いや、Mさん来週から練習を休むので、無理して出てきたんだよ。」と、コジューローをたしなめる様に言いました。
 そうです来週からしばらく、Mさんは手術の為お休みします。なんの手術をするのかは、聞いても教えてくれません。見た目元気そうなので、深刻な手術ではないだろうとは思うのですが、何にしても無事に終えて、また元気に「つばさ」に出てきてもらいたいと心より思います。

 さて、練習に入ります。

編成は全て、
 アルトギター1 : コジューロー
 アルトギター2 : Nさん
 バスギター : Mさん 
によるギター三重奏です。

羊は安らかに草をはみ/カンタータNo,208(J.S.バッハ作曲)
 指定テンポ四分音符=56をメトロノームで鳴らし、テンポを確認してから、メトロノームを止めて、先ず一回通します。
 風邪ひきMさんの鼻のすすり音が気になり、今一集中できません。特にブレスすべきでない所でのすすり音は問題です。まあ本人も解っていながら仕方がないのでしょう。Nさん曰く「だからね、花粉症の人は本当に大変みたいだよ。」この日のNさん何だか妙に優しい。まあ鬼のようなコジューローに対してバランスをとってくれていたのかも知れませんが・・。
 チューニングをし直して、頭からまた始めます。途中で止めながら、主旋律にそってフレージングを考えていきます。この曲、フレーズの終わりの音と次のフレーズの頭の音が重なっているところが随所にあり、その辺をはっきりさせるためにどうするかなど検討しました。前半が終わったところで、前半部分の構成をもう一度確認し、後半へと入ります。後半も前半同様、主旋律はどこか、フレージングは、構成は、と大雑把ですが進めます。そして最後に全体を通してこの一曲の構成を確認して、この曲のこの日の練習を終了しました。

主よ人の望みの喜びよ/カンタータNo.147(J.S.バッハ作曲)
 メトロノームで四分音符=60を確認し、メトロノームを止めて先ず一回通します。
 Mさんから9小節〜11小節のテンポについて動議がありました。(ここは議会か?)そこのテンポ速くなっている気がするけどどうか?ということ。三連符の連続で流れるこの曲の中で、その部分のみが全く三連符がなくテンポが速くなりがちです。でも全くインテンポでは間が持てない感じもあるし難しいところ。今の時点で結論は出ないので、今後の研究と練習で解決していくことにしました。
 そして二回目の通し練習。
 何気なく弾けるようになってきていますが、この曲もフレージングを考え、構成を把握する必要があります。またその上で、楽譜の細かい部分について検討する必要もありそうです。追々やっていきます。

目覚めよと呼ぶ声あり/カンタータNo.140(J.S.バッハ作曲)
 この曲もメトロノームで四分音符=60を確認し、メトロノームを止めて先ず一回通し。
 先週、前半のフレージングと構成、そして楽譜の検討を行いましたので、今回は後半です。
 2ndのNさん、「2ndがじぇんじぇんわからん〜。変な和音ばっかり。これ和音よいうより2声で書かれているんだよね。」 確かにそのようです。ですから本来なら2ndはdvi.にして二人で分けて弾くべきなのでしょう。でもそれは出来ないので、2ndがしっかり出てきてほしいところは、下を省略して、単音でアポヤンドしてしっかり弾いてもらう事にしました。
 3曲のコラールの中では、この曲が一番表現し辛いかも知れません。

シンフォニア12(J.S.バッハ作曲)
 コジューロー「三人が野原で戯れている・・」
 Mさん「野原の決闘」
 Nさん・コジューロー「決闘じゃなくって〜!」(笑)
 「三人が野原で戯れている・・」というのは、先週、Nさんがこの曲のイメージを問われて言った言葉です。3声の教育的な曲ですから、こういったイメージでも悪くはないと思います。楽しさを表現したいという気持ちでしょう。そこへMさんが「野原の決闘!」・・いやいや、解るんですよ。このテンポでバスギターが16部音符の連続を弾ききるのは大変です。油断すれば命を取られる、正に決闘の心境ですよね。もちろんMさん解ってて言ってますが、このユーモアが時としてわからなくなる事もあります。それってそれこそ練習が真剣勝負になってしまっているってことかも知れません。余裕で弾きたい曲です。そうでなければ楽しさは表現できません。残念ながら今の所まだ野原の決闘の様です。
 一回通し。先週と打って変わって、バスギターの音が良く出ている感じがします。
 そして頭からもう一度。所々止めて部分練習をします。16小節のバス、2拍と3泊の間のフレージングがはっきりしないので、工夫します。
 イメージを持つことで、少しづつですが雰囲気が楽しい方向へ変わって来ていると思います。

二つのガボット(J.S.バッハ作曲イギリス組曲第3番より/新堀編)
 「やんごとなき方々のホームパーティーでの踊り・・」と言うイメージで、先ず一回通し。
Mさん「迫力はあるけど優雅さがない。」
Nさん「要は、もっと軽ければ良いんじゃない。」
コジューロー「音量の大小、大は近く、小は遠くというように、遠近感をピアノフォルテで表したい。」
 で、二回目の通し練習。
 で、練習終了。
 今思っているのですが、ガボットのリズムの意識が足りないような気がします。アウフタクトで始まる2拍子のリズムを3人で共通に感じて演奏できれば、もう少し合うんじゃないかなぁと思います。

先日の練習は以上です。
今回ブログUPが少し遅れました。お待たせしてすみません。
どうやら風邪はうつらなかったようで、良かったです。(Mさんご免ね)

では今回はこれにて。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。