2017年04月08日

甥の結婚披露宴でギターソロ演奏

平成29年(2017)2月11日(土)
 この日、仙台の江陽グランドホテルで甥Sの結婚式と披露宴がありました。コジューローは披露宴の余興でギター独奏を披露しました。もう2ヶ月も経ってしまい記憶も薄れてきていますが、その日のレポート記事を例によってコジューローの目線で書きます。  

 当日朝、小田原の自宅を出て、新幹線で仙台に向かいます。この日の予定は、14:00〜ホテル内のチャペルで結婚式、15:00〜披露宴とのこと。小田原から仙台に行くメンバーは、新郎(甥S)の伯母夫婦(コジューローの姉A夫婦)とその娘(コジューローの姪Y)と息子(コジューローの甥R)、新郎の叔母(コジューローの姉J)、そしてコジューローの6名です。小田原駅で集合し、こだま号で東京へ約35分。東京から仙台へは、はやぶさ号で約2時間半。速い!早い!コジューローが若かりし頃はまだ東北新幹線がなく、東京仙台間が特急ひばり号で4時間かかりました。今や遠いみちのくの仙台も本当に近くなりました。
 仙台に着いたのはお昼頃だったと思います。一行はとりあえずはこの日の泊まるホテルビスタ仙台へ行きます。このホテルは甥Sの勤め先で、甥Sが手配してくれました。姪Yは結婚式の受付を頼まれていたようで、先に会場の江陽グランドホテルへ向かいましたが、他のメンバーはホテルビスタで一休みです。コジューローはシングルルームを手配してもらっていたので、そこへ入り、会場へ行くまでの間ギターを取り出して指慣らしとリハーサルをしました。荷物は1泊分の着替えと衣装(礼服)と楽器(ギター1本)と足台、譜面台、楽譜と爪やすりや予備弦など、通常の演奏会とほぼ同じ格好です。甥Sの計らいでチェックイン時間を大幅に早くさせてもらったので、非常に助かりました。会場へ行けば、恐らく本番演奏までギターを弾くことは出来ないでしょうから、この1時間弱のホテル自室での休憩がなければ、どんな演奏になってしまったか分かりません。着替えを済ませ、いつでも会場へ行ける準備をしてギターを弾きました。
 電話が鳴り、迎えのタクシーが来たとの知らせで、1Fロビーに降ります。タクシーで会場の江陽グランドホテルまで5分くらいと思っていたのですが、仙台も今や都会で、交通量が多く15分くらいかかったでしょうか。会場のホテルに入り、クロークに荷物を預け(ギター及び演奏に必要なものは持ったまま)受付を済ませました。親族の受付は姪Yと姪H(甥Sの妹)が担当していました。ロビーで兄夫婦(新郎Sの親)と兄嫁の弟夫婦に会い、挨拶したりしている内に、式が始まるとの知らせがあり式場(チャペル)へと入ります。楽器をロビーにおいて行く訳にもいかないので、持ったままチャペルへ。楽器は通路の端に邪魔にならないように置きました。
 ほどなく新郎新婦が入場し、式が始まりました。神父さんは外人(白人で見た目外国人という意味)でした。式の始めと終わりに皆で賛美歌を歌う儀式がありました。始めの曲は知っている曲で歌えましたが、終わりの曲は知らない曲で歌えませんでした。どちらの曲も日本語の歌詞が式次第に書かれていました。
 式終了後、記念写真(集合写真)の撮影があり、その後披露宴が始まるまでロビーでしばし待機します。受付で頂いたパンフレットを開けて見ますと、披露宴の座席表、料理のメニュー、新郎新婦のプロフィール、披露宴のプログラムが載っていました。通常ですと料理のメニューに目が行くのですが、この日は演奏があるので必然プログラムに目が行きます。プログラム12項目の中に、ギター演奏という項目はありませんが、後ろから4番目に余興という項目があります。コジューローの出番はきっとこの中なんだろうと察しました。だいぶ後ろの方なので、料理もある程度は食べて、乾杯のビールかシャンパンくらいは飲んでも大丈夫かなと思いました。
 披露宴会場の準備が整ったとのことで、会場へ移動します。丸テーブルの席で楽器は手元に置けないので、スタップの方に言って、楽器と荷物(足台、譜面台等)は会場の隅に置かせて頂きました。
 新郎新婦が入場し、披露宴が始まりました。来賓の祝辞、祝電披露、乾杯と進みます。乾杯ではシャンパンがワイングラスに少し注がれたので、これなら大丈夫と判断し、くいっと一気に飲みました。喉も乾いていたので、非常に美味いです。スパークリングワイン大好きの姪Yは、その後もずっとこのシャンパンを飲み続けていました。確かに美味いシャンパンです。なんと姪Yはテーブルのシャンパン(瓶)が空になったと見るや、スタップにお代わりを要求し、もう1本シャンパンをせしめました。係りの方も笑顔で応じてくれました。姪Yの隣の席には姉Jが居ます。その隣に、飲べえの姉ちゃんたちですみません、と赤面のコジューロー。姉Jに言わせると「お前はそれっぽっちのシャンパンで赤い顔して・・・」となるのですが、アルコールが原因なのか恥ずかしさが原因なのか、真実は不明です。コジューローは本番の演奏前はポ〜と体が上気するたちなので、赤面の本当の原因はそこにあると思うのですが。
 しばし祝宴。この時、司会の方がそっとコジューローの所に来て、「今日はギターの演奏をして下さるそうで・・・、」と話しかけてきました。コジューローは、「ああ、やっと打ち合わせに来てくれたな・・・」と思い、どの時点でどのような段取りで行うかを話し合いました。甥Sにはあらかじめ、演奏用の肘掛のない椅子1脚と、演奏用のマイクとマイクスタンドを用意しておいてもらう旨、伝えてありました。演奏曲数も3曲で、通して12分くらいと伝えてありました。それらはきちんと伝わっていて、何の問題もありませんでした。ですが、余興として準備されているのがコジューローのギター演奏のみとのことで、時間がたっぷりあるとのこと。曲数を増やしても構わないので、コンサートのつもりでたっぷり演奏して下さいとのこと。曲紹介はコジューローに任せるとのことでした。そして演奏場所として、横長の会場のサイドにある簡易ステージを指されました。てっきりフロアでの演奏と思っていましたが、ステージ上での演奏とは・・・。一瞬ビビりましたが、いやまあ、かえってステージ上の方が落ち着いて演奏できるかも知れないと、覚悟を決めました。
 ケーキ入刀の後、新婦がお色直しで退出、しばらくして新郎も退出しました。次に新郎新婦が再び揃って入場し各テーブルにフォトサービスに回るとのことで、その後新郎新婦が席に着いて、コジューローのギター演奏開始とのこと。新婦と新郎が退出している間にステージの準備をします。係りの方が椅子とマイクスタンドをステージに上げて下さったので、コジューローは足台と譜面台および楽譜をセットしました。今回は独奏ですが楽譜を出します。3曲の内1曲だけ、どうしても暗譜しきれなかったからです。暗譜で来ている2曲もとりあえす楽譜を出しますが、これが吉と出るか凶とでるか。実際本番分からなくなって楽譜に目を落としても、即弾ける訳ではありません。楽譜が出ていることで安心して集中を切らすと、崖から落ちます。楽譜があろうとなかろうと、要は集中力ですね。マイクはまだ付いていませんが、マイクが付いていると想定して、マイクスタンドを演奏位置にセットしました。音響スタッフの方、本番よろしくお願いします、と心で言ってステージを降り、自分の席に戻りました。
 新郎新婦入場。各テーブルをフォトサービスに回ります。フォトサービスというのは、テーブル毎に新郎新婦と一緒に写真を撮るという企画です。コジューローたちのテーブルがトップでした。新郎新婦が次のテーブルに移った時、先ほどの司会の方がコジューローの所へ来て、時間の関係で演奏開始を少し後ろにズラして、新郎新婦が席に着いて少し時間を取ってからにしたいと告げてきました。やはり時間が余るようです。コジューローは何時お呼びがかかっても良いように、楽器の準備を始めました。ケースから楽器を出し1度チューニングをしました。それからトイレに行って、ロビーで深呼吸をして、また席に着きました。新郎新婦は既に席に着いています。コースの料理が次々を運ばれてきますが、コジューローはもう手をつけていません。コジューローの前だけいくつかの料理が溜まってしまいましたが、後で食べるからと言って、そのままにして置いてもらっています。司会者はあちらこちらのテーブルに回って、インタビューのような形で来賓客にマイクを向けています。と、その司会者が今度はコジューローの所へやってきて、コジューローにマイクを向けました。「こちらは、新郎の叔父様です。今日はギターの演奏をして下さるとのことですが・・。」コジューローは「・・あやや・・・およよ・・・はあ、まあ・・・」このシュチエーションで来るとは思いもよらず、狼狽してしまいました。さっきの深呼吸の効果はもう吹っ飛びました。ギターを取りに行き、ステージへと向かいます。
 ステージ上の椅子に座り調弦(チューニング)をしました。司会者が何やら話してくれているので、この間に落ち着きを取り戻さなきゃと思い、ステージ上でギターを構えたまま深呼吸をしました。マイクが何時の間にかスタンドに取り付けられていましたので、位置の微調整をしました。マイクのスイッチは既に入っているようです。司会者から「曲の紹介をお願いします。」と振られたので、「まあ、聴いていただければ皆さん良くご存知の曲ですから。」とだけ言って、演奏をスタートさせました。

1曲目:結婚行進曲(ワーグナー作曲・小原安正編)

 1曲弾き終えたところで司会者が「ワーグナーの結婚行進曲ですね。」とまた話し始めました。きっと時間を引き延ばすためにしているんでしょうが、コジューローとしては少々やり辛いところです。しかし演奏中にカメラマンが寄ってこないのは助かります。

2曲目:アンチェインドメロディー(竹内永和編)

 この曲も弾き終えてから司会者が曲名を言ってくれました。映画「ゴースト」に使われた曲と紹介してくれました。コジューロー的にはライチャスブラザーズ風にと言いたい所でしたが、その点には触れませんでした。それよりも司会者が、何故か緊張をあおるような事ばかり言うので、その点に触れると、「いや私はお助けしようと思って話しているんですけど・・」「・・・・そうかなあ・・・??・・・」と思うコジューロー。
 次の曲はコジューローが先に曲名を告げて演奏を始めました。

3曲目:川の流れのように(福田進一編)

 演奏を終えて立ち上がりお辞儀をしました。一言祝辞を述べ、ステージを降りようとしたところで、司会者よりアンコールの要請がありました。
披露宴にてまたこの司会者は絶対コジューローをイジメにかかっている・・・。と思いましたが、会場の皆さんからも沢山拍手を頂きましたので、もう一度ステージの椅子に座りました。すると司会者はそれが思いがけなかった様で、又何やら話し出しましたが、もう内容はよく覚えていません。確か「もうそこに座っちゃったから仕方がないよね。」みたいなことを言っていたような気がします。いやあんたが曲数を増やしても良いから引き延ばしてくれって言ってたじゃんか・・・。コジューローはそれに協力してあげようってつもりだったんだけど、その言い方はなんじゃい。ってやややる気をなくしたのですが、確かに一度座ってまた立ってステージを降りるのも格好悪いので、曲名を告げて演奏を始めました。

アンコール:アルハンブラの想い出

 この曲は、ここで弾くための練習はしていませんでした。もちろん楽譜も用意していません。もっとも楽譜を見ながら弾けるような曲ではありませんが・・。でも、「禁じられた遊び」よりも「アルハンブラ」の方が良いだろうなと思い、まあ弾けるだろうと思って弾き始めました。トレモロがきれいに流れたかどうかはなはだ疑問ですが、なんとか弾き通すことができました。(後で兄からアルハンブラが一番良かったとのこと。なんじゃろかい)
 立って、もう一度お辞儀をしてステージを降りました。温かい拍手をありがとうございます。

 楽器をしまい、自分の席に戻りました。さあ、溜まっていた料理をたいらげるぞ。姪Yが「おじちゃん、お疲れ様」と言って、シャンパンを注いでくれました。 ステージ上は演奏の椅子やマイクが片付けられ、新郎新婦とその両親が並んで花束贈呈のプログラムへと進んでいます。披露宴も最終段階、クライマックスに入りました。コジューローは料理を食べるのに大忙しです。それでもステージの方へ時々顔を向けて見守りました。
 ラストは両家代表挨拶。兄のスピーチになぜかドキドキするコジューローでした。
 Sちゃん(新郎)よかったね。おめでとうございます。
 披露宴終了後、一旦宿泊のホテルに戻り、着替えて改めて夕食に出ました。兄がセリ鍋を食べさせたいと、美味しいお店を予約しておいてくれました。小田原組6名と兄夫婦で総勢8名。そこは居酒屋店で、セリ鍋はもちろん美味しかったけど、それだけではなく、刺身も天ぷらも、もちろん牛タンも美味しくて、たらふく食べて飲んで、上機嫌の千鳥足でホテルに帰りました。兄貴、ありがとう。
 翌日午前中、新幹線で小田原に帰りました。今回は観光は一切なしです。

 以上です。
 また長〜〜い記事になってしまいました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
amazon リンク


  
livedoor 天気