2017年05月17日

ギターアンサンブル「つばさ」329

5月16日(火) 練習
毎週火曜日は「つばさ」練習日。
ということで、昨日のギターアンサンブル「つばさ」です。

場所:新堀ギター本館5F小アンサンブル室1
時間:PM7:30〜9:30
出席:Nさん、Mさん、Sさん、コジューロー

 コジューローとNさんが本館に到着したのは6:40くらいだったと思います。先週は行いませんでしたが、この日もその前の練習の時と同様に、「つばさ」の練習の前に二重奏の練習を行うためです。 

 「つばさ」の練習の前にとは言いましたが、もともと「つばさ」の練習の一つとしてやっていた二重奏ですから、今回は「つばさ」とは別のコンサートに出す予定ですが、まあ「つばさ」の練習の一環としてここで書いても良いかなと思います。
 という事で、二重奏の練習に入ります。場所は「つばさ」の練習と同じ小アンサンブル室1が空いていたので、そこを使いました。

愛の夢(F.リスト作曲、NE編)
 プライムギター1:Nさん
 プライムギター2:コジューロー
 ギタロン:(「つばさ」ではMさん、小田原ではTさん の予定)
 新堀メソードお得意の、プライム二重奏+ギタロン という編成パターンです。とりあえず、Nさんとコジューローで二重奏を仕上げて、後にギタロンに加わって頂くってことで、二人で練習しています。3週間前、久しぶりに音合わせをして、練習再開後今回が二回目の練習です。
 先ずは一回通し。テンポを今までよりも少し上げて、仕上げに近いテンポで弾いてみました。メロディーがNさんで、コジューローがアルペジオで伴奏という形です。アゴーギクをたっぷりかけて演奏したい曲ですので、伴奏がそれをリードする形になると思うのですが、曲としての主はやはりメロディーですから、メロディーが伴奏に乗って感情をこめてたっぷり歌うことが、非常に大切だと思います。インテンポのアルペジオ伴奏ならば合うようになってきましたが、テンポを動かすと合わなくなります。そこで、一回通しの後、どのくらいの変化までなら合うのかを探りながら、練習を繰り返しました。今後もこの練習を続けていくつもりです。
 ここで使う編曲は、あの有名な旋律を2回弾いてエンディングへという形になっています。1回目は低い音、2回目は高い音で同じ旋律を弾きます。すなわちピアノの原曲に対して中間部の変化が、ごそっと抜けた形です。なのでクライマックスのない、盛り上がりにかける形なのですが、そこはギターの美しい音色で聴かせる編曲になっているようにも思えます。曲想としては1コーラス目と2コーラス目をどのように弾き分けて演奏するか、ここがポイントのような気がします。何にしても非常に美しい曲なので、極めて美しい演奏を目指して練習して行こうと思います。

 「愛の夢」を練習中に、ロビーにSさんの姿を見ました。Mさんからは「少し遅れる」とメール連絡が入っています。7:20、二重奏の練習を終わりにして「つばさ」(四重奏)の練習体型に直しました。NさんがロビーにいるSさんに声をかけ、Sさんも練習室へ入って「つばさ」の練習準備をしました。
 7:30、遅れると言っていたMさんもやって来ました。準備をして「つばさ」練習スタートです。

ここからの編成は全て、
 1stアルトギター:コジューロー
 2ndアルトギター:Nさん
 プライムギター:Sさん
 バスギター:Mさん
によるギター四重奏です。

アルキーナ組曲全楽章(G.F.ヘンデル作曲/新堀寛己編曲)
1.グラーベ(Grave)
 大分合うようになってきました。テンポは四分音符=40くらいを目安にしていましたが、それよりも若干速めになっていると思います。撥弦楽器であるギターは音を長く延ばすのが苦手・・・と言いますか出来ないので、ビブラートをいくらかけても延びないものは延びないので、その弱点を克服する為に新堀メソードでは独自のトレモロ奏法を用いるのが常です。しかし今回はトレモロ奏法を使いませんので、そこは演奏者の音楽性で、さも音が延びて繋がっているかのように演奏しなければなりません。なので、グラーベの雰囲気を損なわない程度にテンポを速めるのは正解でしょう。
 コジューローのアルトギターの欠陥が発見されました。1弦の6フレットすなわちシ♭がヴォルフのようなのです。音は出るのですが、すぐに減衰して延びないのです。2弦の11フレット(シ♭)も全く同じ症状です。隣のフレットはちゃんとそれなりに延びるのに、その2ヶ所だけが延びません。実はこの曲の出だしのフォルテッシモがこの音なのです。また、別の大事なところでもこのシ♭が出てきます。楽器の欠陥である以上、仕方がありません。気持ちの上で音が延びていると感じることと、実際の音としては4人のアンサンブルのサウンドの中で、その音が延びていると感じさせるように演奏するしかありません。果たしてそんなことが出来るのか?分かりませんがこれも一つのチャレンジですね。
2.ガボット(Gavotto)
 毎回書きますが、この組曲6曲の中で、この曲が一番弾きにくい難曲と言って良いかも知れません。兎に角スタッカートとアクセントが頻繁に出てくるのですが、その意味が良く分からないのです。音源を聴くと、全体的に歯切れよくといった感じですが、スタッカートの付いている所と付いてない所の意味が本当によく解らない。それでも先ずは楽譜通りに弾いてみるしかありません。これが弾きにくい原因です。
 それでも、結構合ってきました。ミスが減って来たせいだと思いますが、ピタッと息を合わせて演奏出来たら格好いい曲だと思います。まだまだ研究が足りていないように思います。
3.サラバンド(Saraband)
 これも難曲です。サラバンドの意味をNさんにスマホで調べてもらいました。3拍子の荘重な舞曲で、2拍めと3拍めがしばしば結合され、二分音符の代わりに、付点四分音符と八分音符を組み合わせたリズムが多用されることが特徴的とのこと。そういえば、タンタ〜〜ンタタンタ〜〜ンタ・・・というリズムがサラバンドには良く出てきます。荘重は今調べたら「そうちょう」と読み、おごそかで重々しいさま、と出ていました。ということで、この曲は、サラバンドのリズムを意識しながら、おごそかに重々しく演奏するのが正解ということなのでしょう。少しイメージ出来るようになりました。
4.メヌエット(Menuet)
 この曲から以降は調も♯系になり、弾きやすくなります。楽しい雰囲気で演奏できる曲です。但し曲想をしっかり守ってバロックらしい雰囲気をしっかり表現したいですね。
5.ガボット(Gavotto)
 この曲も楽しく軽快に弾けます。曲想をもう少しはっきりさせた方が良いかも知れませんが、結構ノリノリで弾けます。
6.タンブリーノ(Tamburino)
 この曲は兎に角スピードです。現在のところ四分音符=180くらいで一杯一杯ですが、出来れば200を超えられるとスリリングな演奏になると思います。練習あるのみかな。

 アルキーナ組曲は大分弾けるようになってきて、アンサンブルも合うようになってきました。全体を通して演奏できるようにするのは、もう少し先で良いかと思いますが、この辺で1曲ずつ録音して、客観的に聴いてみるのも良いかも知れません。

丘を越えて(古賀政男作曲/佐伯亮編曲/つばさ改編)
 このメンバーでの練習は2回目です。Sさん以外は過去に弾いているので、慣れてくると体が思い出してきて弾けるようになってくるでしょう。Sさんは大変ですが、まあ出来る範囲で徐々に進めて行って下さい。今回の練習では、一通り全部弾けるようになったようです。今後は詳細練習に入って行けそうです。

小組曲侠禮堽鵞(C.ドビッシー作曲)
 この曲もSさん以外は過去に弾いています。しかし、どのパートも難曲です。特にSさんのプライムパートは四重奏の1パートとは思えない難しさで、前のプライム担当のOさんも悪戦苦闘していました。Sさん頑張って下さい。でも、他のパートもみな難しいので、油断しているとSさんに抜かれる恐れがありますので、それぞれ皆頑張りましょう。
 今回は中間部の途中まで進みました。

 以上で練習終了です。丸2時間たっぷり練習しました。ああ、その前の二重奏の練習もありましたから、コジューローとNさんはそれ以上ですね。結構疲れました。

 では、今回はこれにて。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
amazon リンク


  
livedoor 天気