2017年09月24日

小田原合奏団022

9月23日(土) 練習
 毎週土曜日は小田原合奏団練習日、って事で、昨日の練習記事をコジューローの目線で書きます。

場所:新堀ギター小田原教室
時間:19:00 〜 20:30
指揮:K先生
出席:Nさん(A1)、Kさん(A1)、IMさん(A1)、Mさん(A2)、Wさん(A2)、コジューロー(P)、TAさん(P)、IIさん(P)、Xさん(鍵ハー)、Rさん(B)、Fさん(CB)、TOさん(Gr)

 来週の日曜日(10月1日)、いよいよ全日本ギターコンクール合奏部門一般の部が開催されます。今年の会場は埼玉県和光市の和光市民文化センター大ホール〈サンアゼリア〉です。合奏団の年間の第一の目標は、このコンクールに出場して、出来うる限り良い成績をあげることにあります。各合奏団ともその為に一年間切磋琢磨し、コンクールでその演奏を競います。こういう明確な目標があるので、各合奏団またそのメンバー各自も精進し、演奏力UPの為に努力するんですね。まあこのコンクールが努力目標の全てではないにしても、合奏団員であればその要因の一つにはなっているはずです。 

 しかし、我が小田原合奏団はどうでしょう。団員一人一人の意識がその方向に向かっているように思えません。何のために合奏団に居るのでしょう。何のためにギターを弾くのでしょう。何のために音楽をするのでしょう。全てコンクールの為とは言いません。コンクールに出場することは目的ではなく手段です。コンクールで良い成績をあげることを目標にして努力することは、その先にある目的、すなわちギター合奏をする目的、ギターを弾く目的、音楽をする目的に向かって精進するということなのです。 では、その目的とは何でしょう。それは世の為人の為、そしてもしかしたら、めぐり回って自分の為かも知れない・・とだけ申しておきます。 合奏団員の方でこのブログをお読みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度自分なりに考えてみて頂きたいなと思います。

 さて、コジューローが教室に着いたのは18:50でした。月の第4週目なので合奏団は19:00からです。合奏団員はWさんとRさん、そして助っ人のFさんが来ていました。K先生は小さな女の子を相手に個人レッスンを行っていました。そしてその女の子のお母さんと思しき方が、レッスンの場から見えないように(隠れるように)教室の隅で待ってらっしゃいました。Fさんはコジューローを見ると「椅子だけでも並べましょうか?」と声をかけてきました。Fさんが居た頃の合奏団でしたら、この時刻ならとっくに合奏の準備が整っているはずと思ったはずです。ですから多分早く来ていたのでしょう(どのくらい早くかは知りませんが)。コジューローは「レッスン中なのでもう少し待ちましょうか。」と答えました。合奏の準備をするにはレッスンの後ろを通らなければならないからです。Fさんも納得してくれました。
 Fさんたち3人は小さい音で各自個人練習を続けています。コジューロー的にはそんな小さな音で弾いていても練習にならんだろうと思いますが、そこでは言いません。コジューローは丸椅子に腰かけてレッスンが終わるのを待ちました。そのうちに合奏団員がゾロゾロと教室に入ってきました。間もなく19:00になります。もう準備にかかるしかないなと思い、レッスンの後ろをそっとすり抜け、大きな音を立てないように気を付けながら、椅子を運び足台譜面台を運びました。いつもの感じからして、コンクール直前でもまあ10人分用意すれば良いだろうなと思いましたが、なんと12人居ます。コジューローが再入団して以来の新記録です。譜面台の常備箱はカラになりましたが一つ足りません。場所も狭いしコジューローはもう譜面はいらないので(と言うか、この時点でまだ楽譜を見ている人が居るのがおかしい!ほとんど全員みてる?)、コジューローの所はなしにしました。
 練習が始まりました。

自由曲:ハーバー・ライト
 今回はこの曲からです。順番としては課題曲の方が先なのですが、この日この曲で鍵盤ハーモニカを演奏するXさんが来ていて、Xさんが途中で退出するのでハーバーライトを先にとのことでした。しかしXさんも本番演奏するかどうか確定ではなく、場合によってはさらに代理の方が本番盤ハー(鍵盤ハーモニカ)を演奏するかもしれないので、その方用に録音して帰るとのこと。このXさんという方は実はオカリナ教室の先生で、あの6月24日の発表会でご一緒しました。すみませんお名前を忘れましたのでXさんとしています。と言いますか、K先生からきちんと紹介されたことは一度もない気がします。もしかしたらあの発表会の時に紹介されたのかも知れませんが、今回合奏団のエキストラとして参加するなら、K先生が団員にきちんと紹介するべきではないでしょうか。実はK先生のギターの生徒さんでもあるとのこと。それなら課題曲の「ふるさと」はギターを弾くのかなと思いきや、何でも「ふるさと」は弾くふりだけとのこと(他の団員からの情報)。何じゃそりゃ!せっかくギターを習っているなら弾けば良いのに・・・。 で、「ハーバーライト」の練習が終わって退出。「ふるさと」は練習全く無しで本番弾くふりって、弾くふりだって易しくはないんだよ甘く見てもらっては困る
 この日はウクレレのSさんは来ませんでした。よって全パート揃っての練習は一度も出来ずに本番突入です。来週?まあ前日30日も一応練習はありますが、コンマスの欠席が決まっているようだし、他の団員もこの日程は集まらないようなので、バランスの良い練習は出来ないでしょう。
 それからもう一つ問題。弦をニューに交換するのは良いのですが、弦交換後の楽器の管理がちゃんとできない人がいます。糸巻からビヨンビヨンはみ出した弦が隣の人(コジューロー)の顔の前でぶらぶらしています。みっともないばかりか目にでも刺さったら大変です。コジューローが指摘してK先生がニッパーで切って・・・。そして弾き出したらズルズルで調弦めちゃくちゃ。「コジューローさん見てあげて。」とK先生のお言葉ですが、レベルが酷過ぎて・・・げっ!・・・と言うか、あんた暇そうにしてるだろ、俺に押し付けるな・・・って感じでしばしシカトしたら、K先生自らその楽器を手に取って調弦を始めました。ところが1弦がなかなか合わない、見るとブリッジから弦が外れそうで、その前に余り弦をニッパーで切っているから、結局1弦を交換する羽目になりました。K先生が弦交換をしている間、コンマスのリードで指揮者なしで練習。音は出ているものの流石にぐちゃぐちゃです。K先生「いや、指揮者いらないね。」ってマジか?冗談でも言わないで欲しいですな。ただでさえなかなか指揮を見ようとしないのに、ますます見なくなりますぜ。漸く弦交換と調弦が出来て練習スタート。でもそのギターすぐ音が下がってきて、コジューローが再度調弦。全ての弦をかなり引っ張って調弦したけどしばらくしてまた下がって・・・・いやこれ弦の貼り方にも問題があるんじゃないか・・・と思ってしまいます。1弦はさっき張り替えたけど他の弦も今日張り替えたのか?だいたい前日張り替えたとしても、ここまでズルズルに下がるのは??それから調弦の目的はピッチを正確に合わせることも大事だけれども、出来るだけ長い時間大きく狂わないようにすることが非常に大事なのですよ。解っているのかなあ???

課題曲:ふるさと
 次にこちらの練習に入りました。第二コーラスのバスソロから練習に入りました。アルト1のアルペジオが伴奏です。先週は悲惨な演奏でしたが、今回はコンマス(Nさん)が居ますのでそれなりには聞けます。でもバスソロ、まだまだ練習不足です。それからアルト1のKさん、Nさんが弾くからって安心しきって手を抜かないように。まあこの辺はK先生も指摘していましたが。10人ちょっとしか居ない合奏団ですから、一人一人が戦力にならないとどうにもなりません。まあ今更感はありますが。
 「ハーバー・ライト」で沢山文句を書いてしまった上に、「ふるさと」でもまた書き始めてしまいました。切りがないのでもうやめにします。

 練習終了後、当日のチャーターバスの件で話がありました。小田原の集合場所と出発時間、鴨宮での乗車について等ですが、帰りの件でコジューローは驚きました。なんとコンクールの審査講評を聴かずにバスに乗って帰路に着くとのこと。なんでもバスの営業時間が限られているので、それをオーバーしないように帰らねばならないとのこと。え〜〜!!審査講評も聴かないなんて、何のためにコンクールにでてるの?!それで平気ってことなら意識が低すぎるとコジューローは思います。K先生曰く「別に残って審査講評を聴くのは自由です。」って。コジューロー「でもそれは帰りの電車賃が別途かかるってことですよね。でしたら審査講評を聴きたいのでバスはキャンセルします。」 K先生「今更そんなこと言われても、もう人数に入っているし。」 コジューロー「今更って、審査講評を聴かずに帰るってことこそ、たった今聴きましたよ。」 K先生「ならバスに乗らなくていいです。」 コジューロー「それで大丈夫なんですか?人数に入っているっておっしゃいましたけど・・。」 K先生「不足分は団費でなんとかしてもらいます。」・・・釈然としないコジューローではありますが、もう行きも帰りも電車で行くことに決めました。実は電車の方が交通費は安く済みます。高い運賃を払ってしかも終わりまで居られずに帰らねばならないなんて、何か変です。バスで行くって事に、そこまで拘る必要があるのでしょうか。あまり言いたくはありませんが、コンクールの参加費も決して安いものではありませんので、合奏団が成長できる方向に出来るだけ多くのことを活用すべき、とコジューローは考えますが・・・

 何だか今回は苦情ばかりになってしまいました。気を取り直してコンクール頑張ります。
 ではこれにて。

追記
コンクール前日にも練習がありますが、記事UPはコンクール後になります。
ふ〜、一日かけて長い記事を書いてしまった。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク


  
livedoor 天気