2018年09月30日

小田原合奏団050

9月29日(土) 強化練習
 毎週土曜日は小田原合奏団練習日って事で、昨日の練習記事を例によってコジューローの目線で書きます。
 昨日はコンクール前の強化練習という事でいつもより長い時間、また教室ではなく、もっと少し広い所で練習しようということで、Yさんの口利きで、久野中宿公民館を使わせてもらう事になりました。

場所:小田原市久野中宿公民館
時間:14:00 〜 19:00
指揮:K先生
出席:Nさん(A1)、Kさん(A1)、Wさん(A2)、コジューロー(P)、IIさん(P)、Tさん(B)、Yさん(Gr)

 久野中宿公民館は、コジューローの自宅から歩いても30分足らずです。この公民館の裏手に北条幻庵屋敷跡があります。歴史好きのコジューローとしては、一度は訪れてみたい場所ですが近くに住んでいながらまだ一度も行ったことがありません。この日はそのチャンスではありましたが、雨でしたし見学は又の機会にしました。まあ散歩がてら来れる距離ですからね。(と言いながらなかなか来ないかな・・・。)
 

 正午、車に楽器を積んで自宅を出ました。Nさんを迎えに行き、公民館に行く途中で昼食を摂ろうということになっていました。久野川沿いに「番場亭」という和食の店があります。美味しくてコジューローと姉Jのお気に入りの店です。そこに寄って昼食を食べてから行くという話を姉Jにしたところ、「あたしも行く。」という事になり、3人で行くことになりました。姉Jは午前中別の用事があり外出するけど12:30には家に戻っているとのこと。なので、コジューローは先ずNさんを迎えに行き、Nさんを乗せて自宅に戻り、姉Jを載せて「番場亭」へ行くことになりました。そして「番場亭」に着いてみると、「本日貸切」と書かれた紙が入口に貼られています。あちゃ〜!しかたなく、同じ久野川沿いの蕎麦屋「更科」に行きました。この蕎麦屋もコジューローと姉Jのお気に入りです。3人で更科定食(せいろ蕎麦と小天丼のセット)を食べました。結構なボリュームでお腹いっぱいになりました。
 姉Jを自宅に送り、コジューローとNさんは久野中宿公民館へと向かいました。13:40到着。駐車場に車は1台もなく、一番乗りのようです。公民館に明かりが点いていました。合奏団は14:00からという事なので、多分その前の時間の使用者がいらっしゃるのだろうと思い、車でもう一回りして時間をつぶすことにしました。10分足らずで公民館に戻りましたが、同じ状況です。雨も降っていたので、そのまま車で待機しました。「でももう5分前だよ。」とNさんが言うので、これはおかしいなと思い、車から出て公民館の中を見にいきました。窓から中を見ると、既に椅子が合奏隊形に並べられ、Yさんの顔が見えました。Yさんもこちらを見つけ手と目で挨拶を交わしました。急いで、Nさんに告げ、楽器を持って公民館に入りました。

 1Fの部屋の広さは、がっそうの練習をするのに十分な広さですが、お神輿が2基置かれていて、その分でやや狭い感じがします。でも教室よりはずっとマシです。椅子は9脚並べられていましたが、練習開始の時点で来ているメンバーは、Nさん、Kさん、IIさん、Tさん、Yさんとコジューローの6名でした。K先生は16:00頃になるとのことでしたので、それまでの間、コジューローが仕切ることになっていました。メンバーは揃っていませんが、時間も過ぎているので練習を開始しました。
 まず最初に、おさるのかごやのバスとギタロンのソロの2小節から始めました。この部分、毎回バスの音がはっきりしないのと、タイミングもズレることが多いので、S先生の特別レッスンで指摘され、K先生からもそこを見ておいて下さいと頼まれていました。コジューローとしてはバスの右手のタッチを改善してしっかりした音を出せるようにすること。(左手のフォームも気になるところですが、先ずは右手からですね。)それからタイミングのズレは、呼吸の仕方を音楽的にすることで改善できると思いました。右手のタッチは割合簡単に修正できました。なぜそのフォームがダメで、このフォームが良いのかを解説し、弾弦のベクトル、すなわち力の入れ方と方向を説明してやって見せただけで、Tさんは出来るようになりました。コジューローはちょっと驚きました。この半年、ひどいフォーム(失礼)で弾いてきたTさんのタッチを改善するのは、容易でないだろうとコジューローは思っていたからです。Tさんは明晰で理解力の高い頭脳をお持ちの方なんだと、改めて認識しました。そこで、呼吸の仕方(音楽的呼吸)についてもきちんと説明した方が良いだろうと思い、基礎的なフレーズの話からしました。フレーズの理解がないまま、「ここで息を吸って〜」なんて指導しても身につきません。
 この部分の弾き方が良くなってきたので、おさるのかごやはここで一時やめて、バロック風春よ来いの練習に移りました。
 ここでの課題は1stアルトの音をしっかり出すことです。前回のS先生の特別指導で、16分音符がしっかり弾けないのであれば、音形を変えてもしっかっり弾けるようにするようにと言われました。1stアルトは現在3人居ます。その内NKさんはこの日休みで、居るのはNさんとKさんの二人です。で実際に合奏団で合わせて弾いてみるとNさんの音しか聞こえないという現実があります。要するにKさんを確実に弾けるようにするのが課題なんですね。これは非常に難しいことです。なぜならばKさん自身にその気持ちが薄いからです。何十年ものキャリアのあるKさんが、未だに弾けない理由がここにあります。先ず自分でちゃんと弾きたい!人が感動するような音を出したい!と思わなければ、到底そういう音にはなりません。でも、そういう自覚を促すようなことを言われると、すぐに自己弁護のための言い訳をする癖がついているので、手の着けようがないのです。なので、音楽を楽しみながら、その過程の中で自覚するような気持ちになるようにしていく他ないとコジューローは思います。
 K先生からはこの曲はBから練習しておいて下さいと言われてましたが、とりあえずA(最初)から始めました。先ずメロディーの音をしっかり出すこと。そしてBに移りました。Bでは1stアルトがアルペジオ伴奏に回ります。これが16分音符のアルペジオで、弾けたり弾けなかったりでスッキリしません。コンミスのNさんはそこを8分音符の音形に変えました。統一してKさんも同じ音形にしました。この日居ないNKさんは大丈夫かなあ?とにかく小田原合奏団の練習では、全員揃うという事がほとんど(全く?)無いのです。コンクール本番のメンバーも実ははっきりわかりません。・・・これで・・ Cに入って、ここも16分音符の連続です。1stアルトと2ndアルトが交互に16分音符を弾きますが、この部分でNさんは両方の16分音符を受け持る感じで弾き始めました。まあ2ndが実質ほとんど弾けないので、ってことで気持ちは解りますが、編曲の解釈が違うとコジューローは思いました。ここは1stは1stの旋律を楽譜のまま弾いた方が良いと思います。
 ここでK先生が到着しました。コジューロー的には途中でしたが、K先生にバトンタッチしました。ふ〜
 時刻は15:45くらいだったと思います。少し休憩をはさんで、K先生の指揮による練習に切り替えました。

バロック風「春よこい」(弘田龍太郎作曲、新堀寛己編曲)
 コンクール課題曲
おさるのかごや(海沼實作曲、畑中雄大編曲)
 コンクール自由曲

 の順に通し練習と詳細練習及びパート練習をし、最後にもう一度「春よ来い」「おさるのかごや」の順に演奏して練習を終えました。ここまで記事を書いてきて疲れてしまったので、K先生指揮による練習内容は今回は省きます。練習終了18:45でした。

 では、今回はこれにて。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
東日本大震災によせて
”天皇陛下のメッセージ”
日本文化チャンネル桜が、youtubeに天皇陛下のメッセージビデオをアップしています。
天皇陛下のメッセージビデオはこちら

コジューローの日記/記事
天皇陛下のメッセージ ”東日本大震災によせて”

コジューローの城紀行
日本の城・コジューローの城紀行 北海道・東北の城 関東・甲信越の城 北陸・東海の城 近畿の城 中国・四国の城 九州・沖縄の城
自由人・コジューローの日記
コジューローのもう一つのブログです。 コジューローの思う事、感じることを自由に書いています。 自由人・コジューローの日記






【最近の記事】
本当に「大義なき解散」なのか?
- - - 2014.11.29
東京都尖閣諸島寄附
- - - 2012.5.17
消費税増税を考えてみる
- - - 2012.1.28
生実録ブログダイエット
コジューローのダイエット記録ブログです。 生実録ブログダイエット
【最近の記事】
1/21〜1/27 ちょいオーバー、でもこの位なら‥
- - - 2013.1.28
1/14〜1/20 一日2000kcal 再スタート- - - 2013.1.21
1/7〜1/13 カロリー記録スタート
- - - 2013.1.14
謹賀新年そして心機一転
- - - 2013.1.7
おススメ動画
【緊急特番】希望の党へ!中山恭子参議院議員に聞く[桜H29/9/27] ”日本のこころ”がなぜ小池新党に?

【DHC】9/28(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】 小池百合子「希望の党」の問題点。女性宮家はなぜダメなのか。
amazon リンク






livedoor 天気